星を匿す雲

星を匿す雲

主にコンシューマゲーム、アニメ、歴史漫画、史跡巡りについて。基本的にネタバレあり。

【感想】クラシカロイド第2シリーズ4話「フィーバー!レッツぷーぎー!」:同情と狂信とうまい草

全国1億3千万人のクラシカロイダーの皆様、こんにちは。
今回はクラシカロイド第2シリーズ(2期)4話の感想、5話予想を書きました。




♪04 フィーバー!レッツぷーぎー!

全体を通しての感想

ショパンとドボちゃんの台詞がおそらく放映時間の9割程を占めるショパン回。
ショパンの内面や主体的な行動が詳細に描かれたのは1期10話以来ではないでしょうか。そしてドボちゃんの心の声を聞いたのはもちろん初めて。快挙です。クラシカロイドの中ではあまり自己主張の激しくない2人なので、ぜひ積極的にクローズアップしていってほしいです。

さて今回のお話は、ショパンとドボちゃんの友情物語かと思いきやすれ違いの物語でした。
みんながドボちゃんの言動を都合のいいように解釈する中、自分だけは間違いなくドボちゃんの本当の気持ちを分かっている! と信じて疑わないショパンは、ドボちゃんを救い出すために孤軍奮闘する。だがそんな彼も結局、ドボちゃんの気持ちを勝手に決めつけて同情し走する、同じ穴の狢であった。その上ドボちゃんが思ってたのと違うと分かると逆恨みするって余計始末が悪いと思うんですがw

個人的にはちょっと心の痛む話でもありました。私ショパンみたいな経験が結構あるので。相手の気持ちを勝手に推測して代弁者を気取るのはやめよう、という当たり前だけど難しい教訓を突きつけていただき、大変勉強になりました。

ただ、後半はぷーぎー!とムジーク以外はあまり笑いどころがありませんでした。ドボちゃんがひたすら喋ること自体は面白いが、話の内容がなんかダラッとしてる。まあ独り言だから当たり前なんだけれども、ああ……話の長い人の話ってしばしばこんな感じだ……と悲しい気持ちになりました。そしてやはり自分のことを思い返して心が痛くなりました。
この先もちょくちょくドボちゃんの独り言が聴けるといいなと思います。

以下、印象に残った点を書いていきます。


ドボ神様神話の成立と伝播

  • 世界で一人だけの神楽奏助
    分かるわ~。平凡だし特に何も努力してないけど、みんなからちやほやされたいというその気持ち。最高に面倒臭いよ、奏助!

  • うっとおしいわよ、ポンコツ
    リストさんと歌苗ちゃんの対奏助の吐き捨てるような口調がとても好きです。普段は透明感のある声色なのでギャップが良い。

  • 奏助の名前を必ず間違えるワーグナー
    もう絶対わざとやってるでしょ。腹黒ショタは健在。

  • ドボちゃんの一鳴きをそれぞれ勝手に解釈
    ドボちゃんが喋れないからってみんないい気なものだ。
    歌苗ちゃんはまだあの謎のメシマズ料理出してるんですか。もしかしてドボちゃん、我慢して食べてあげてるのでは? いや~、はっきりNOという意思を示した方がいいよ。食材がかわいそうだよ。

  • ドボちゃん、床に文字を彫る
    日本語分かるんだ!? いやそんなことより床に傷をつけるなw

  • 見知らぬ人に取り囲まれて写真を撮られまくる想像以上の地獄
    ドローンを使うとはまた若干タイムリーなネタを投げてきますね。
    「地獄」の絞り出すような言い方が真に迫っていてよいと思います。アルケー社でアイドル?をやっていた時のことを思い出しているのでしょうか。

  • 奏助の歌
    なんてひどい歌だww 聴き続けたら頭痛になりそう。

  • 荒らしたら却って炎上して大人気に
    よ、よくあるやつー! さっき言及したドローンもそうですが、ショパンの関わる話は時事ネタやネットあるあるネタが多くて楽しいです。

  • ついに生き神様扱いされるドボちゃん
    1期7話の再来だ。ハママツ市民、ますますノリ良くなってません? ワーグナーの言う現世利益にしがみつくパワーが我々の100倍くらいある気がする。
    レコーディングする場面はおそ松さん2期1話でも見た気がするんですけど、人気が出るととりあえず歌うのがアニメ界の定石なのですか?(笑)

  • 一方、ショパンはひたすら祈る
    キミ、意外と信心深いよね。(1期17話を思い出しながら)


怒濤の諏訪部タイム(見た目はカバ)

  • アイキャッチ直後からキェェアァァァシャァベッタァァァ!!!
    ドボちゃんの中身はやはり人間だった。そして超喋る、間断なく喋る! ……喋りすぎじゃないでしょうか!? なるほど、こういうキャラなのですね。でも独り言なのになぜ敬語?

  • ぷーぎー!と叫ぶ人々
    そろそろ狂気じみてきました。ここはさながら変顔パラダイス。シューベルトがいなくてよかったような、少し残念なような。

  • 独自に編み出した呼吸法
    ちょっと何言ってるかよく分からないですね(真顔)。でもドボちゃんが史実と同じく機関車大好きなことはよく伝わってきて、大変嬉しいです。

  • 恍惚とするカバ(CV諏訪部)
    そんな際どいシーンを17時半のEテレで放映しないで! そう思ってしまった私はきっと心が汚れきっているのです。


「小犬のカーニバル ~小犬のワルツより~」

ムジーク

サンバ調のボカロ曲となった「小犬のワルツ」。いぬいぬいぬいぬわんわんわんわんが耳に残って離れない。ぜひ、かわいい犬の動画などを観ながらエンドレスリピートしたいです。
ていうかエンディングでキラキラしてるのもよく見たら犬の顔とかですね。かわいい。

その効果は、自分以外の人間を犬の姿に変えて言葉を奪い、意のままに操るというもの。逆に動物は人間の言葉で喋れるようになるのでしょう。

わんちゃんの中で一番かわいかったのはモーツァルト。リストさんもわりと好き。犬種は詳しくないので分かりません、すみません。
シュ担としてコメントしておきますと、もしシューベルトがいたらオレンジ色のゴールデンレトリバーあたりではないかと思います。
しかしワーグナーだけ犬にならなかったのが謎です。さては逃げたな、あいつ。

ドボちゃんのお説教28箇条

ムジークにより念願の「心の友」と会話することが叶ったショパンは、ドボちゃんから「私を救ってくれてありがとう」とか「当に困っているんだ」とかいう台詞を聞きたかったはず。
しかしドボちゃんは、確かに受け入れがたい現実を憂えてはいたけれども、その状況を変えたいとは特に思っていなかった。そのため、感謝の言葉もそこそこに、日頃の人間観察の賜物であるお説教を始めてしまいました。喋り続けるドボちゃんにたじたじになるショパン。BGMになったムジークがショパンと視聴者の予想外の焦燥感を煽っていて面白かったです。


ドボちゃんの性格について

4話を何回か観て、ドボちゃんは喋れないストレスから間断なく独り言を言っているのか、それとも元々ああいう性格か、という議論が私の頭の中で巻き起こり、元々ああいう性格なのだという結論に達しました。
理由:その方が面白いから。ていうか前者だと可哀相すぎて話がシリアス方面に傾きそうなので精神衛生上よろしくない。

いずれにしろ彼は呟いた時点で(声に出せず相手に届かなくても)ある程度満足していると思います、食べ物のこと以外は。まあ私の勝手な「解釈」ですが。

そして、最後の場面のように、普段から誰に対しても独り言でお説教しているのだろうと考えると微笑ましいです。
……でも、ドボちゃんには申し訳ないけどカバに生まれてくれてよかったんじゃないかな。彼が人間だったらワーグナーよりもよっぽど音羽館の皆さんのメンタルにクリティカルヒットしそう。




「♪05 偉大なる男」予想

1ミリも的中しないと評判の、次回の展開を好き勝手に予想するコーナーです。無駄に張り切ってすっごく長くなってしまいました。興味のない方は後書きまで飛んでください


公式の告知

  • 公式サイトのあらすじ

    私の名前はフランツ・シューベルト。私は心に誓った…これからは世界中の人々を、この音楽でハッピーでピースフルにするのだと。ワーグナーにヒップホップを全否定され傷心のシューベルトが、地球の裏側で出会った音楽とは…?そのころ音羽館では、相変わらず勝手気まますぎる住人たちに、歌苗の我慢も限界を迎えていた。そんなとき、奏助に薦められ、世界中で大人気だというアーティスト“ザ・グレート”の音楽を耳にすると…。
    公式サイトあらすじ紹介:♪05 偉大なる男

  • 予告映像
    • シューベルトが衣替えをしている
    • ムジークに包まれて楽しそうな奏助と歌苗ちゃん
    • ジャングルの草陰からムジークにより誘い出される兵士(?)
    • 歌苗ちゃんが1期8話の水着を着てビーチでくつろいでいる
    • シューベルトがいなかったこと? もちろん気づいていたさ。ずっと待ってたよ、シューさーん!!(涙と鼻水をダラダラ垂らしながら)

  • ムジーク
    プロデューサーは変更になるんですね……。アボさんと丸省さん、すごく丁寧な曲作りをされる方々だったので残念です。
    新しいPのA-beeさんはエレクトロニック・ミュージックを得意とされている方みたいです。少し曲を聴いてみましたが、結構みでした。

展開予想

シューベルトは「グレートネイチャー」から得たひらめきを形にしようと旅に出た。というか凧にさらわれた
行きついた先は南米のとある軍事国家。その場末の路地裏でレゲエと、貧しいながらも心豊かに暮らす人々に出会い、シューベルトは誓った。自分自身のアイデンティティなどという卑小な問題で悩むのはやめ、自分のこの能力で世界中の全ての人を笑顔に変えようと。
そんな矢先、凧のせいで国家の重要機密を知ってしまい、彼は追われる身となる。迷い込んだジャングルの中で、誤解を受けた悲しみと、それでも溢れ出す万人への愛から、シューベルトの新たなムジーク「ザ・グレート」が生まれる。

その頃、歌苗は音羽館の住人たちの世話に疲れ切っていた。そういえば以前は誰かが少しだけ家事を手伝ってくれていたような気もするがさっぱり思い出せない。
そんな折、奏助から借りたレゲエのバンドグループ“ザ・グレート”のCDは荒んだ歌苗の心を癒してくれた。奏助は久々に晴れやかな表情になった彼女を見て、ちょうど“ザ・グレート”がハママツにライブに来るから、一緒に聴きに行かないかと提案する。

当日、ライブ会場にはなんだかんだで音羽館の住人全員がやって来た。
ドラマー、ベーシスト、ギターに続きステージ上に登場したヴォーカルはなんとシューベルト しかし、悲しいことにワーグナーを除いて誰も彼のことを覚えていない。
曲が始まると会場はすぐに盛り上がった。そんな中、2人だけ不機嫌そうな顔で黙り込んでいる聴衆がいた。シューベルトは何事かと思い目を凝らす。そこにはベトとワーグナーの姿があった。ベトは自分の時(1期9話)よりもライブが盛り上がっていることに嫉妬心を燃やし、ワーグナーは、完膚なきまでに叩きのめしたつもりだったが甘かったか、と考えているのだった。
先輩が私の歌を聴きに来てくださった!! シューベルトの心は舞い上がった。「先輩、私の本当のムジークを見てください!」彼はタクトを取り、「ザ・グレート」を発動させる。

「ザ・グレート」は、対象者に幸せな幻を見せるムジークである。ムジークにかかった人間は、南国の浜辺で陽気な毎日を送っているかのような錯覚に陥る。
ムジークの効果により、ライブ会場の誰もが無邪気にはしゃぎ回っていた。ただ一人、苦々しそうな表情のワーグナーを除いて。

ムジークの後、一同はシューベルトのことをやっと思い出し楽屋へ詰めかける。ちょっと得意げな面持ちで「サインですか?」と聞くシューベルトが歌苗にビンタを食らい、「そんなことより家事を手伝ってください!」と一喝され、勢いでバンドを解散してしまう。
こうしてシューベルトは再び音羽館に舞い戻ったのであった。

所感

つい熱が入ってしまった。長すぎる。そして毎度のことですが、だいぶ無理矢理な展開になっております。予告に入っていたカットをいくつかガン無視してるし、奏助とシューベルトがいいヤツ過ぎる。もう少しクズじゃなきゃダメだ。





最後までお読みくださりありがとうございました!
5話の感想を以下の記事に書きました。よろしければお読みください。その他の第2・第1シリーズの感想は「関連記事一覧」からご覧いただけます。








関連Webページ・商品

公式サイト

本編
オンライン視聴
第2シリーズ: Amazonビデオ / dアニメストア / バンダイチャンネル / ビデオパス
第1シリーズ: Amazonビデオ / Hulu / dTV / dアニメストア / VideoMarket / バンダイチャンネル / ビデオパス

挿入曲CD(フルバージョンのみ)

挿入曲MP3ダウンロード(TVサイズのみ)
Amazon
mora


※この文章は、i14wander(Twitter ID i14wander、はてなブログID i14wander)により執筆され、i14wanderの所有するブログ「星を匿す雲」(http://cqs4live.hateblo.jp/)(http://cqs4live.hateblo.jp/archive)に掲載されているものです。著作権法32条で定められた要件を満たさず行われる転載は、著作権法21条に違反します。


<< 5話感想3話感想 >>

広告を非表示にする