星を匿す雲

星を匿す雲

主にコンシューマゲーム、アニメ、歴史漫画、史跡巡りについて。基本的にネタバレあり。

【考察】ニューダンガンロンパV3:これが、私だ。

皆様こんにちは。

そろそろニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 超高校級の公式設定資料集が発売されるので、はなはだ雑然とした状態ではありますが考察を上げることにしました。
Chapter順にさらっと書いていきます。Chapterによって量に偏りがあるのは大目に見ていただければと思います。
それと、もちろんネタバレ祭り絶賛開催中です!! ご注意ください!!!
大丈夫な方はしばらくスクロールをお願いします。







































全般

「オシオキ」ではなく「おしおき」

すっごい細かいところですが。1、2ではカタカナで「オシオキ」でしたよね。でも今作では一貫してひらがなの「おしおき」が使われていました。
う~んこれはなんでしょう、模倣できてるようでできてない感を表現したいんでしょうか。

ありえない出現の仕方をする研究室

地面から出てきたり、どこかから飛んできたりって、明らかに2を彷彿とさせますね。にわかにバーチャル世界の可能性が浮上しました。




Prologue

一番初めの楓のモノローグ

まだ、ここには何もない。
光も、音も、ない。
私の姿も、私の声も、ない。
私が誰なのか、まだ誰も知らない。
私は誰?
誰が私?
私は手を伸ばす。
まだ誰のものでもない手を。
私という存在を掴む為に――
これが、私だ。
私の名前は、赤松楓。
今、私はようやく私を認識した。
…はじめまして、私。
この狂った物語の主人公さん。

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 プロローグより

正直一番の謎はここだと思います。
過去作の冒頭も、1では苗木の、2では日向のモノローグがありますが、楓のコレは彼らとは似て非なるものです。なぜなら、苗木と日向は自分以外の誰かに向かって話している風に、自分のプロフィールについて明確に語っている一方、楓はすごい詩的な感じで自分自身に話しかけているヤバい人なのかと思ったけどプレイし始めるとそうでもない。ということはどういうことなのか?
「何もない」状態から、「まだ誰のものでもない手」を伸ばし、ロッカーから出てきた瞬間に「ようやく私を認識した」。バーチャル世界の初期設定っぽいと思うのは僕だけでしょうか? アバターの準備中とか、そんな感じ。
本当はもう1つ思いついたことがあるのですが、それはいつか書く二次創作のために取っておこうと思います。


誘拐されたらしい描写

f:id:i14wander:20170424233257j:plain:w350

これは、ゲームに参加したのは彼らの意思ではないことを示す描写でしょう。終盤のオーディション映像は嘘である可能性が限りなく高い。小高氏のTwitterでの発言からもほぼ確定です。気づいてくれるかな~(チラッチラッが見え見え隠れ見え見え。

もし万一彼がそれも嘘だよ~ん!と言うのなら、僕はもうダンガンロンパを信じられない


楓と最原以外はどこに閉じこめられていた?

見た感じ、他に入れそうな場所はありませんでした。他の皆は体育館に普通に倒れていたのでしょうか?


なぜ楓と最原が選ばれてロッカーに入れられた?

「最原と仲の良かった楓が1章のクロとなっておしおきされ、最原が悲しみを乗り越えて主人公になる」というシナリオを達成するためといったところか。同じ部屋のロッカーに閉じこめられていて楓がああいう性格なら、自然と仲良くなるでしょう。
では、もし他のキャラだったら? と考えると、これはもう考察じゃなくて二次創作の領域になりますが、非常に面白いですね!


最原の帽子、真宮寺のマスク、キーボの身体

体育館に集まった時の服装を見ると、一般人であった時から既に最原は帽子を、真宮寺はマスク(さすがに首までは覆われていない)を着用していたようです。最原はまあどうでも理屈はつけられるでしょうが、真宮寺なんなんだよお前。なぜわざわざ黒いのにしたんだ。こんなんクラスにいたら扱いに困るわ。ええっと、あれですかね、右手が疼く的な?
問題はキーボです。彼は目の下に線がなく、また学生服で身体が見えないようになっていましたが、変身ムービーにてロボット服らしきものを支給されていました(下記画像左下)。

f:id:i14wander:20170424233743j:plain:w350

元々人間だったのではと一瞬思ったのですが、ロボット服で首から下は色々誤魔化せるとしても目をライトにしたり口から写真をプリントしたりするのは無理だろ~。これは元々ロボットだったか才囚学園がバーチャル世界であるかくらいしか思い浮かばない。


一般人状態の皆の素振りと、天海の「どうしてこんな真似事を」の意味

f:id:i14wander:20170424233523j:plain:w200f:id:i14wander:20170424233543j:plain:w200f:id:i14wander:20170424234020j:plain:w200

ここから分かることは2点あります。
第一に、彼らは「チームダンガンロンパ」主催のコロシアイ、もしくは過去に彼らの世界で起こったコロシアイ(希望ヶ峰=フィクションが嘘の場合)について知っていたということ。第二に、コロシアイをあまり肯定的には捉えていなかったであろうことです。
集められた面々はモノクマの存在を知っている素振りを見せました。もし終盤でモノクマが示したように彼らがオーディションでダンガンロンパの世界に入ったのだとしたら、この時点で人目も憚らず狂喜乱舞してもおかしくないはずです。しかし、彼らは困惑するばかり。極めつけは天海の「真似事」です。これ、ポジティブな意味では使わないと思います。
こう考えると、前述したように彼らは誘拐されてここに来たと考えるのが妥当です。


「才能」の元ネタ

f:id:i14wander:20170424234158j:plain:w350

Chapter 6でモノクマが「ある程度の適性があったからプラシーボ効果で……」などと言っていたので、彼らが打ち込んでいたものが、薬なりバーチャルの魔法なりで強化された線が強いと思います。


一般人状態のときにモノクマが出てこなかったのはなぜ?

実は一般人状態のときは首謀者が決まっていないからだと推察します。
いつも必要以上に出しゃばってくるモノクマがこの場面に出てこないのはものすごく違和感があります。奴が出てこないのは、首謀者がまだモノクマを生み出していないからではないでしょうか(Chapter 6より、モノクマは首謀者にしか生み出せないとされています)。
すると一般人のつむぎは首謀者でもなんでもなくて、才能と一緒に首謀者の「設定」を付与された可能性があります。記憶の植え付けを行えばそう思い込ませるのも簡単なはずです。


天海は本当に「超高校級の生存者」なのか

つむぎが最初から首謀者とは限らないとなると、これも途端に怪しくなってきます。ただ「生存者」という「設定」を与えられているだけで、実際には周回プレイをしているわけじゃなかったりして。オーディション映像然り、記憶を植え付ければ映像なんていくらでも捏造できますからね。


建設途中の学園

Prologue~Chapter 1の段階で外から後者の様子を見ると、まだ天海の部屋のある4階は完成していないっぽいです。その場合天海の部屋のPCやUSBはどうなるのでしょうか? いや、首謀者が隠し部屋で保管していれば済む話ですが、何か引っかかるんですよね……。


昆虫が1匹もいない!?

f:id:i14wander:20170425005825j:plain:w350

これもバーチャル世界説の論拠になりそうです。
ゴン太の言う通り昆虫が1匹もいないのはおかしいです。やつらホントどこにでも湧きますからね。まあ1や2では特にそのような描写はありませんでしたが(というか普通のゲームではそんな描写しない)、わざわざ昆虫博士に主張させているのだからこれは小高氏的には強調したいところに違いありません。極論を言うとこの描写を入れたいがためにゴン太を昆虫博士にしたのではないかと思えるくらいです。博士というよりは野生児ですもん、彼。




Chapter 3

屍者の書での「蘇り」とは?

アンジーの思惑通りに事が運んでいたら本当に天海は蘇ったのか? これは非常に気になる点です。
もし、これまで何度も述べてきたようにバーチャル世界であれば、蘇りは簡単なはずです。2みたいに脳死状態になるタイプでも誰か別の人に天海になってもらえばいいですし、脳死状態にならないタイプなら本人の意識をもう一度接続すればいい話ですしね。
一方、終盤でモノクマと首謀者が言ったように才囚学園がリアルコロシアイワールドなら、外の世界で予備として待機させている(あるいは拉致している)人に天海君と同じ記憶を植え付けて才囚学園に投入すればよいだけです。
あー、なんか考えてみると意外とどうにでもなりそうですね。




Chapter 4

動機のカードキーで行ける場所はどこ?

最後まで分かりませんでした。王馬が明確に使用したとみられる描写がなかったためです。可能性は2つ、デスロードの終点か首謀者の部屋です。話の展開的に前者ではないかと思いますが、あれはパスワード式だった気もする。まあ、いいか。
デスロードのものだとしたら、この動機はエレクトハンマーの存在を知る特定の人物=王馬を狙い撃ちしたものですね。エレクトハンマーのことは入間も当然知っていたけど、彼女にそこまで思いつく頭はないでしょう(超失礼w)。そして狙い撃ちの結果ゴン太に飛び火したと。ゴン太にとっちゃいい迷惑だなー。
首謀者の部屋のものだった場合、首謀者の意図が全くの謎です。あの時点で首謀者の部屋に入ったら王馬は6章で判明したことをだいたい理解してしまうと思います。やはりデスロードの終点説が有力か。


ゴン太が見た世界の真実とは

純粋に動機のカードキーがどこのものかによりますね。デスロードであれば世界滅亡、首謀者の部屋であれば自分たちがリアルコロシアイゲームのための作り物の存在であることについて。ただいずれの真実でも、あの優しいゴン太が「みんなを殺してこの地獄から解放してあげる」という思想に至るのが若干理解不能です。プラグが入れ替わっていたために人格が少し変化していたということなんですかね。


なぜ王馬は殺人教唆したか

Chapter 2くらいから着々と実行していた、自分を首謀者に見せるための計画の一環ではないでしょうか。僕らのゴン太君にあんな仕打ちをしたらそれまでも高くなかった評判が一気に奈落の底まで落ちるのも無理ないですよね。そんな彼が首謀者宣言をしたらみんなが信じてしまうのもまた自然な流れです。


エグイサルを操れるリモコンまでつくった入間が王馬を殺そうとしたのはなぜ?

エグイサルを完全制御できるのであればもはや怖いものなしなのにと長いこと疑問に感じていました。しかし、よく考えるとChapter 4の時点では稼働中のエグイサルは2体のみ、その他はどこにいるのか分からない。また、リモコンの命令とモノクマーズによる操作、どちらをエグイサルが優先させるかも分からない。となると、確実な方法を取りたかったのでしょう。確実……確実か?(笑)




Chapter 5

エレクトボムを使った直後でもモノクマが状況を把握できていた

ストーリーの感想で書いたやつのほぼコピペです。
なぜモノクマは、ハルマキがエレクトボムを投げてみんなで格納庫に入り、死体を発見した直後に死体発見アナウンスを流したり、格納庫に現れたりすることができたのでしょうか? エレクトボムを投げると周囲50メートルは遠隔操作やセンサーが使えなくなり、隠し部屋のマザーモノクマは状況把握ができなくなるはずです。つむぎならリモコンで操作できるでしょうけど、リモコンも使えない状況ですよね?
格納庫のどこかに死体発見アナウンスを流してモノクマを出現させる隠しボタンでもあったんでしょうか。そこまで準備がいいとはどうも思えないですが。




結論

外の世界が1、2と地続きか、そうでないかは不明。
敵の正体も不明。
しかしとりあえず、楓たちは自分の意思でコロシアイに参加したわけではない。これはほぼ確定であると状況証拠から考えます。
また、才囚学園はバーチャル世界かもしれない。数々の疑問点を一応は解決できることからそうも思いますが、一度推論が頭に浮かぶとその後はなんでもそれに結びつけて考えてしまうというのはよくある話です。実はもっと突拍子もない、全ての疑問点を解決できる真実があるかも。てかこの作品、スタッフの間でさえ解釈が違っているという話ですが、公開しなくてよいので小高氏の頭の中にだけはきちんとした答えがあってほしいと願っています。

……あ。そういえば考察でキーボ=視聴者の動きをまとめようとか以前の記事で言ってたのすっかり忘れてました!! まあいいや、また今度やります!




※※2017.6.4 追記※※

設定資料集の感想

やっと手に入れて一通り読みました。キャラ造形についての小高氏のコメントが見られて嬉しいです。赤松さんをきちんともう1人の主人公と公式に位置付けてくれたのにはとても本当にすごくほっとしました。それと、真宮寺の気持ち悪さは小高氏の思惑通り秀逸ですね(笑)。
しかし、特に新たに考察できそうなことは書いていませんでしたね。まあ書いてあったらがっかりしていたに違いないので、これでよかったんだと思います。

とりあえず感想はこんなところです。ひどくこざっぱりしててすみません。







ご購入はこちらから




※本記事で青文字になっている部分およびゲーム画面のスクリーンショットは、全て『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』からの引用です。

広告を非表示にする