星を匿す雲

主にTVゲーム、アニメ、歴史漫画、史跡巡りの感想を書いているブログです。基本的にネタバレあり。

【感想②】The Elder Scrolls V: Skyrim―裸族からみたスカイリム

Nintendo Switch版The Elder Scrolls V: Skyrim(TES5 スカイリム)の感想記事です。旅の間に見かけた面白いバグや風景を紹介したり、Creation Kitを使って全裸徘徊したときの街の人々の面白い台詞を抽出したりしています。

【プレイ日記】方向音痴ブレトン、モロウウィンドを彷徨う その6:モロウウィンドがただの恋愛ゲームだった件

The Elder Scrolls III: Morrowind(TES3 モロウウィンド)のプレイ日記兼感想記事その6です。ずっと放置していたブレイズの依頼を進めるついでに元テルヴァンニ家の魔術師にちょっかいを出しました。

【感想①】The Elder Scrolls V: Skyrim―結婚してくれ、テルドリン・セロ

Nintendo Switch版The Elder Scrolls V: Skyrim(TES5 スカイリム)の感想記事です。テルドリン・セロの魅力について語り、自分で撮ったテルドリン・セロのスクショや、有志制作のMODの紹介を行っています。

【感想】ゴールデンカムイ17巻:罪悪感は山猫を救うか?

野田サトル先生の漫画『ゴールデンカムイ』(金カム)17巻の感想記事です。尾形に焦点が当てられた巻でした。果たして彼に救いは訪れるのでしょうか。

【プレイ日記】方向音痴ブレトン、モロウウィンドを彷徨う その5:新たな仲間、ゲットだぜ!

The Elder Scrolls III: Morrowind(TES3 モロウウィンド)のプレイ日記兼感想記事その5です。戦士ギルドでの活動を開始、船で旅することも覚え、冒険者生活も充実し始めました。そんな折、アッシュランダーに会いにいった私の遭遇した思わぬ苦難とは?

【プレイ日記】方向音痴ブレトン、モロウウィンドを彷徨う その4:カネは剣よりもペンよりも強し

The Elder Scrolls III: Morrowind(TES3 モロウウィンド)のプレイ日記兼感想記事その4です。ネロス先生との悲願の再会叶わず、地下水道や荒野を彷徨います。その果てに私が得た悟りとは……!?

【プレイ日記】臆病者カジート、スカイリムを駆ける その2:初めて人を殺した日

Nintendo Switch版The Elder Scrolls V: Skyrim(TES5 スカイリム)のプレイ日記兼感想記事です。ウィンターホールド大学のクエスト中心。マグナスの目か……あれは嫌な事件だったね……。

【プレイ日記】方向音痴ブレトン、モロウウィンドを彷徨う その3:ヴィヴェクで諸々のおつかいを完遂するのに5日くらいかかった件

The Elder Scrolls III: Morrowind(TES3 モロウウィンド)のプレイ日記兼感想記事その3です。全裸のおっさんを失い傷心を抱えた私は、アルドルーンで新たな同行者と運命の出会いを果たします。

【プレイ日記】方向音痴ブレトン、モロウウィンドを彷徨う その2:それでいいのか、魔術師ギルド

The Elder Scrolls III: Morrowind(TES3 モロウウィンド)のプレイ日記兼感想記事その2です。私は権謀術数渦巻く魔術師ギルドで着実(?)に出世。一方全裸のおっさんは巡礼者との行きずりの恋に陥ったのでした。

【プレイ日記】方向音痴ブレトン、モロウウィンドを彷徨う その1:町を出たら全裸のおっさんが道端に立ってた

The Elder Scrolls III: Morrowind(TES3 モロウウィンド)のプレイ日記兼感想記事その1です。ひょんなことから全裸のおっさんと旅することになってしまいました。

【感想】進撃の巨人28巻

諫山創先生の漫画『進撃の巨人』28巻の感想・考察記事です。

転職活動終わりました。

管理人の転職活動記です。転職を決意した理由、退職してから求職活動をした理由、転職活動の概要について書きました。

【レビュー・感想】修道女フィデルマ『サクソンの司教冠』

時代ミステリ、修道女フィデルマシリーズ2作目『サクソンの司教冠』(ピーター・トレメイン(Peter Tremayne)先生作・甲斐萬里江先生訳)のレビュー・感想記事です。修道女フィデルマシリーズの紹介、本作のネタバレなしレビュー・感想を書いています。

【スキあらば自分語り①】ポケモンで人生始まった話

人生の節目を迎えたので、サブカルコンテンツを通して自分語りをする誰得連載を開始しました。第一弾はゲーム『ポケットモンスター』(ポケモン)の話です。ゲームの内容を知らなくても読めます。

私が『ポケモン レッツゴー ピカブイ』を購入しない理由

私がNitendo Switchのソフト『ポケットモンスターLet's Go! ピカチュウ・イーブイ』(ポケモン レッツゴー ピカブイ)を購入しない理由を書きました。簡潔に言うと、リメイク2回目で飽きたのと、野生のポケモンと戦闘できないためです。

【レビュー・感想】修道女フィデルマ『幼き子らよ、我がもとへ』

時代ミステリ、修道女フィデルマシリーズ3作目『幼き子らよ、我がもとへ』(ピーター・トレメイン(Peter Tremayne)先生作・甲斐萬里江先生訳)のレビュー・感想記事です。修道女フィデルマシリーズの紹介、本作のネタバレなしレビュー・感想を書いています。

【感想】ドラゴンクエストビルダーズ2 クリア後開拓編(2):古墳群・横穴墓群・墓守の村建設

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(ドラクエビルダーズ2、DQB2)のビルドの感想その2です。古墳群・横穴墓群・墓守の村建設についてまとめました。

【感想】ドラゴンクエストビルダーズ2 クリア後開拓編(1):ハレム建設

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(ドラクエビルダーズ2、DQB2)のビルドの感想その1です。シドー君の拠点における挙動と、ハレム(ハーレム)建設についてまとめました。

【感想】ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊天体シドー編:約束の地は俺得天国

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(ドラクエビルダーズ2、DQB2)の破壊天体シドーの感想です。DLC・アプデに期待することも書きました。

【感想】ドラゴンクエストビルダーズ2 終わらない戦いの島編:まぼろしのラブプラス

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(ドラクエビルダーズ2、DQB2)の終わらない戦いの島の感想です。

【感想】ドラゴンクエストビルダーズ2 監獄島編:世界の真実と華麗なる豆腐建築

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(ドラクエビルダーズ2、DQB2)の監獄島の感想です。

2018年の自分を振り返る! 各種データと全記事を一挙紹介

ブログ「星を匿す雲」2周年を記念して、2018年のブログへのアクセス数などのデータ公開、2018年に書いた全記事の紹介を行っています。

【感想】ドラゴンクエストビルダーズ2 オッカムル編:どっきり!あらくれ包囲網

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(ドラクエビルダーズ2、DQB2)のオッカムル島の感想です。

【レビュー】ドラゴンクエストビルダーズ2:秀逸な世界観と大幅に進化したビルドが楽しい!

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(ドラクエビルダーズ2、DQB2)のレビュー記事です。前作からさらに進化したビルドと秀逸な世界観に夢中になれること請け合い!

今日、会社を辞めた。

本記事では、管理人の会社員生活の身の上話を書いています。

【評価・感想】ゴールデンカムイTVアニメ1期・2期【酷評注意】

TVアニメ『ゴールデンカムイ』1期・2期(一期、二期)の評価・感想記事です。良かった点も書いていますが、かなりネガティブな評価が多いのでご注意ください。

【感想】ドラゴンクエストビルダーズ2 モンゾーラ編

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(ドラクエビルダーズ2、DQB2)のモンゾーラ島の感想です。

【感想】ゴールデンカムイ16巻:大興奮!イケジジイ祭り

野田サトル先生の漫画『ゴールデンカムイ』(金カム)16巻の感想記事です。3つの勢力できれいに話が分かれていて、三者三様の面白さがありました。特に、土方組の話には大興奮しました。

【感想】進撃の巨人27巻:エレン、細マッチョ化する

諫山創先生の漫画『進撃の巨人』27巻の感想・考察記事です。物語もいよいよ大詰め。絶望感の色濃い中で、サシャに命を救われたカヤのエピソードが光る巻です。

【プレイ日記】臆病者カジート、スカイリムを駆ける その1:独りはイヤだ、仲間が欲しい

Nintendo Switch版The Elder Scrolls V: Skyrim(TES5 スカイリム)のプレイ日記兼感想記事です。スカイリムを始めた経緯と最序盤の感想を書きました。寄り道しながらホワイトランのメインクエストをクリアしています。