星を匿す雲

星を匿す雲

主にコンシューマゲーム、フリーゲーム、アニメ、歴史漫画、史跡巡りの感想を書きます。基本的にネタバレあり。

【感想】ドラゴンクエストビルダーズ2 体験版(プロローグ):ブラウニーの志を継ぐ者

皆様こんにちは。赤城です。

Nintendo SwitchPS4で絶賛発売中のスクウェア・エニックスフト『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(DQB2体験版(プロローグ)の感想を書きました。

体験版、および製品版プロローグのネタバレありですのでご注意ください。

ネタバレなしレビューこちらからご覧ください!


>>公式サイト

>>PS4体験版
>>Switch体験版




簡潔に言うと

ストーリーは最序盤だけ見てもとても面白そう。どんな冒険が待っているのか、わくわくします。ビルドについても、色々な要素が増えてやりがいがありそうです。

一方、システムには若干不安があります。アップデートで改善されることを期待しています。


詳しくは以降で書いています。よろしければご覧ください。

なお、この記事は体験版の感想として書きましたが、全く同じ内容(からっぽ島の外に出る前まで)が製品版にも収録されています。製品版ではこの部分がプロローグ的な位置づけになっていると思われます。したがって、製品版のプロローグの感想も兼ねさせていただきます。




ストーリー

まずは、主にストーリーについての感想です。気になる伏線がたくさんあり、とても面白そうです。



ハーゴン教団の魔物たちのキャラが良い

もうね、まず何が言いたいってほんとこれ。全然悪の軍団っぽくない。お人好しでどことなく間が抜けていて、ゲームの操作方法やら自分の身の上やらを懇切丁寧に教えてくれる。悪魔神官の話を聞いてるのがグレムリンドラキー、スライムってところもかわいい。愛嬌のある魔物はドラクエの良き伝統ですよね。1ではスライムくらいしかいなくて悲しかったんや。

マストの上にいるグレムリンによると、ハーゴンの世も遠い昔のこととなり、平和ボケしてるそうです。どうかそのままのお前らでいてくれよな。


中でも一番印象的なのが船長です。めっちゃイケメン。さんざん脅したけど結局自分のドレイにすると言い始めるし、海に落ちると助けてくれるし、何より最後にはビルダーをバリアでかばってくれる。惚れました

イケメン船長
出典:ドラゴンクエストビルダーズ2体験版



教団がビルダーをさらう目的とは?

主人公含め、船に乗せられていたビルダーはどこか1箇所に集められるところだったようです。その目的はなんだったのか?

船長は「ビルダーを根絶やしにするつもりなのでは」と言っていましたが、メタ的に考えると発言を聞いた時点でその可能性は消えます。まー何か造りたいものがあるとかですかね。予想は後述しております。



謎の声と難破する船

突然聞こえてきた声の正体も難破の原因も破壊神シドー、そして現れた少年シドー=破壊神に間違いない(笑)。

破壊神はなんらかの願望を達成するために都合の良さそうな主人公を自分のいるからっぽ島に連れてきたくて船を破壊したのでしょうか。他の人間や魔物の命はガン無視で。重度のメンヘラだー逃げろー!


船長も他の魔物もどうか生き延びていますように、そして主人公の仲間になってくれますように。スライムは1匹死亡が確定しちゃってるけど(泣)。

人間たちと違って死体が上がってないから、希望はあると思います。みんなで小さな無人島でわいわいサバイバルしていてほしい。ゆうれいとグレムリンドラキーあたりはなんだかんだ大丈夫そうだけど、ガイコツ系は危ういな。骨が分散してしまったら復活できなそう。船長……。



意味深なオープニング映像

主人公が嵐で海に投げ出されてからオープニング映像が流れ始めるわけですが。


『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』オープニング映像 主人公・女の子編


ハーゴン教団の急速な拡大

主人公が乗っていた船の魔物たちは、

などと言っていました。つまり、ハーゴン教団の残党はまださほど勢いのある感じではありません。牢屋の中にいたビルダーの男性も「ハーゴン教団って壊滅状態だったのでは」と愚痴っていたし。

しかし、オープニング映像のビルダーらしい人々の処刑(?)の場面や、公式サイトの各島のストーリーなど見るに、なぜかチュートリアル後にいきなり勢力拡大している気がします。

教団の教えがロロンド、じゃなかった、ドルトンのような年齢の人にまで浸透しているというところから考えると、地道に布教したのだとすれば相当な年月をかけたことになります。この場合、からっぽ島の時間の流れが他とは違うとか、主人公、シドー、ルルの時間の流れが他の人間とは違うという展開になるかもしれません。

そうではなく、急速に広まったのだとすれば、人間に対しなんらかの手段で洗脳を行った可能性があります。私は、その道具を世界中から集まったビルダーに造らせたのかもしれないと思います。


差し伸べられた手

オープニング映像ではシドー君のものらしい手が気を失っている主人公を水の中から引き上げていますが、いざ主人公がからっぽ島で目覚めたとき、周囲にシドー君はいないんですよね。そして主人公にとっての初対面時も、「初めて会ったわ」みたいな態度を見せてくる。

差し伸べられた手はオープニング映像特有の誇張表現なのか、それともシドー君が主人公を助けた直後に記憶を失ったのか。謎が解明される日が楽しみです。



はじめてのからっぽ島

うん、すんごい広い。一級豆腐建築士の私がこの島全域を建物でいっぱいにできるなんて到底思えませんが、今作は他のビルダーさんの芸術作品をパクれるビルダーペンシル機能仲間が建設を手伝ってくれる機能もあるみたいですからね。期待しておこう。


ところで、海辺で起き上がってから、制作者が意図していたらしい方向と全然違う方向を探索してしまい(背後の山を越えて延々歩いていた)、シドー君とルルちゃんに30分くらい会えませんでした。その上、岬をぐるっと回ってきてやっと会えたのに、主人公に全く反応してくれなくて焦りました。最初に壊しているはずの砂の壁の方に近づいたらフラグが立ってほっとしました。

これ、製品版もこのままだと、私みたいな方向音痴な人が間違いなくYaho●!知恵袋で質問することになるぜ絶対。ナレーションで誘導してあげてほしい。



シドー君とルルちゃん

この2人がおそらく製品版でも最も付き合いの長い人たちになるのでしょう。いや~、1の初期キャラ(ピリンとロロンド)に比べて性格が激烈すぎるわ(褒めてます)。ロロンドは濃かったけど、だいぶ年齢が行ってて言動自体は落ち着いていたので。

ぜんぶこわす!マインドのシドー君に、ツンデレと思いきやチョロインのルルちゃん。これからどんな活躍ぶりを見せてくれるのでしょうか。以下、2人についての簡単な感想です。


破壊神なシドー君

ちょっと話しただけで「あ、こいつは破壊神の魂が人間の姿になった的なアレだな」って思う分かりやすさ。これで全然関係なかったらびっくりだよ。

いちいちルルちゃんの息の根を止めようとしてくるのが面白いです。そんなに主人公と2人きりになりたいのかな。というのは冗談で、死体が海岸に打ち上げられているのを嬉しそうに報告してきたところを見るに、何かを破壊する・破壊された状態を眺めるのが好きなのでしょう。

嬉しそうなシドー君
出典:ドラゴンクエストビルダーズ2体験版

1でときどき拠点を破壊しにいらっしゃるブラウニーの志を立派に継いでいることが分かって胸熱です。


チョロインのルルちゃん

口調がきついわりにすぐ「主人公があたしのために作ってくれた焼きモモガイなのよ!」とか言い出すからチョロイン臭がすごい。

チョロインのルルちゃん
出典:ドラゴンクエストビルダーズ2体験版

「あなたのせいでこんな無人島に漂着しちゃったのよ。セキニンとってよね!」ってのも、結婚して養えと言いたいんでしょ?(たぶん違う)

シドー君を「おなか丸出しの服を着てる」とド直球にディスっているところと、シドー君のあからさまな殺害予告をガン無視しているところに好感を持ちました。なかなか肝の据わったおなごじゃ。

ルルちゃんの故郷のルプガナは、ドラクエ2では船を貸してくれる町ですよね。あそこに辿り着くのめちゃくちゃ大変だったよ……行こうと思ってからリアルに3時間くらいかかったわ。



「しろじい」は何者か

この島の妖精とか神様的な存在らしい。ほんとかよ、と思ったら、自分が何者であるか忘れてしまったが、ビルダーの様子を見ていれば思い出すかもしれないとな。それもしかして元ビルダーか1主人公だったりするんじゃ? あるいは、神殿の東の方角にあった廃墟で「創世記」を書いていた元人間ではないかと考えてみたり。

おおきづちは1に引き続き優遇されてますね。今後ビルダーズ人気が高まったら、スライムと並んでドラクエの看板キャラになりそう。

どうでもいいけどシドー君は彼のことを一貫して「ジジイ」と呼んでいます。普通の人間だったら単に「魔物」としか言わないと思う。こういうところからもシドー君=破壊神が透けて見えますなあ。



海中洞窟の神殿

西の海を歩いていたら発見しました。鉄格子で塞がれてて中には入れません。ストーリーの中ではどのような役割を担うことになるのでしょうか。明らかに魔物側の施設っぽいですよね。

当初はチュートリアル映像でハーゴンと破壊神がいたところ(=ドラクエ2のラストダンジョン)じゃないかとか思ってましたが、よく見たら使われているステンドグラスが同じだけで構造とか全然違うねテヘペロ




ビルド

続いて、ビルドについての感想を書きます。ビルドも前作に比べて大幅に充実しそうですね。

……といっても私、ストーリーを進めるうえで色々な建物を造るのは楽しいけれども、それとは関係なく何かすごいものを造ってやるぜ! 的なモチベーションはほとんどないんですよねー。絶対マイクラには向いていないタイプです。当然ビルドすると全て豆腐になります。

なので大したコメントはできないのですが。えーと……うーんと……(考えあぐねている)



地下に滝(?)が作れた

とりあえず、水の表現が多彩になってよかったですね!! これは私が砂浜の下をひたすら掘って造った滝と遺跡っぽい何かです、ご笑覧ください!!!

砂浜の下の遺跡もどき
出典:ドラゴンクエストビルダーズ2体験版

初めは、少しでもビルダーズ2の宣伝になればと思って、Twitterに公開するために竜宮城(形状:豆腐)を造ろうとしたんです。でも沖に出るとマーマンにSATUGAIされてしまうので、海水に浸っている砂浜を掘り下げて無理やり海に繋げようとしました。

そしたらいつの間にか滝っぽいものができてました。そっか、2では滝を作れるって公式サイトで宣伝してたよな! と思ってなんかテンションが上がり、テキトーに遺跡っぽいものを付け足してできあがったのがこちらです。まあ、滝というより水のカーテンですかね。

前作みたいに水が手当たり次第に広がらないのには感動しました。そもそもこんなに掘り下げられなかったですし。


公式サイトなどを見る限りでは、水の表現に限らず、前作よりもできることが増えているらしいです。体験版ではあまり実感できませんけど。



個人的な目標

本作でも基本的には一級豆腐建築士としてのキャリアを積む予定ですが、廃墟・遺跡マニアなので、気が向いたらそれっぽい建物とか造ってみたいです。今作ならブロックの種類豊富そうだから、わりとイメージ通りに造れるかも。目指せ、脱豆腐




システム

最後に、システム面の感想です。システム面については、ちょっと不安なところがあります。



接触ダメージがないって素敵

まずは、改善されたところから。

1では接触しただけでダメージ食らって攻撃対象になるので、ただでさえアクションの苦手な私は大変苦労しました。なので接触ダメージがなくなったのは嬉しいです。

で、早速海辺でぽよぽよしてるスライムにぶつかってみたら、接触ダメージがないだけでなく、接触しても攻撃対象と見なされないんですね。何これ、魔物のおさわりし放題じゃん最高かよ。うっへっへ、スライムとおおきづちといっかくウサギを檻に入れて飼育して好きなときにもちもちもふもふしに行こう。

初めから敵意のある魔物については、体験版では確認できませんが、おそらく1と同じくこちらの姿を視認しただけで襲ってくるのでしょう。



BGM、SE、ボイスの調整方法などに難あり

クオリティ自体は問題ないと思います。ただ、全キャラの細かい言動にいちいちボイスがつくのが若干煩いです。強敵を倒した、重要なアイテムを作ったなど、そういうときだけでいいんじゃないでしょうか。

それでも設定画面でボイスだけ切れるなら問題ないのですが、ボイスってSEと一緒の括りになってしまってるのね……そしてそもそもBGMもSEも消音という選択肢がない(これは1から変わらず)。つまり、本体設定で全部消すか、全部つけるかのどちらかしかない。


私、リアルな環境音が入っているゲームは環境音だけでプレイしたい派なので、地味に悲しいです。本作は特に一人称視点も加わって没入感が深められそうだから余計に。

ドラクエのBGMはもちろん大好きですが、聴きたいときに聴くのが理想なんですよ。

製品版はアップデートで改善してもらえると嬉しいです。



Switch版は若干動作が遅いかも

本記事冒頭でもお伝えしている通り、本作はNintendo SwitchPS4の2つのプラットフォームで販売されます。

私はSwitchの携帯モードでプレイしていますが、処理するデータがたくさんある(からぽ島を上空から映したり、一度にたくさんのキャラが動いたりする)場面では、若干動きが遅くなってしまう気がします。

少なくとも今の時点では、Switchユーザーであれば気にならないレベルです。私はそもそもSwitchしか持っていないし、Switch版Skyrimで微妙なカクカクには慣れているので、こんなもんかなと思っています。

PS4のソフトが全般的にすごくぬるぬる動くのであれば、PS4ユーザーは違和感を感じるかもしれません。

これも、製品版でのアップデートに期待です。


まあ百聞は一見にしかずなので、まだ体験版を体験していない方は試してみてください。特にSwitchとPS4の両方を持っていて、どちらにするか迷っている方は、両方試した方が良いと思います。


>>PS4体験版
>>Switch体験版








感想は以上です! 最後までお読みくださり、りがとうございました。

モンゾーラ編の感想は下記の記事に書いています。よろしければご覧ください!








※この文章は、赤城みみる(Twitter ID i14wander、はてなブログID i14wander)により執筆され、赤城みみるの所有するブログ「星を匿す雲」(http://cqs4live.hateblo.jp/)(http://cqs4live.hateblo.jp/archive)に掲載されているものです。著作権法32条で定められた要件を満たさず行われる転載は、著作権法21条に違反します。




<< モンゾーラ編感想ネタバレなしレビュー >>