星を匿す雲

主にTVゲーム、アニメ、歴史漫画、史跡巡りの感想を書きます。基本的にネタバレあり。

【プレイ日記】方向音痴ブレトン、モロウウィンドを彷徨う その10:モロウウィンドはTESシリーズの最高傑作である

皆様こんにちは。赤城です。

Bethesda SoftworksのPC/XBOX ONE/PS4用ソフト"The Elder Scrolls III: Morrowind" (モロウウィンド)のプレイ日記その10をお送りします。

モロウウィンドおよびスカイリムのストーリー全体の微妙なネタバレが含まれます。ご注意ください。

>>公式サイト




前回までのあらすじ

私は、方向音痴で人の話を聞かないことに定評のあるブレトンだ。Ilunibiでcorprus diseaseに感染したが、Telvanni家の魔術師Divayth Fyrに病の進行を止めてもらい、ネレヴァリンたる条件のひとつである「あらゆる病に罹患しない」者になった。ルンルン気分でブレイズの上司Caiusの家に帰ると彼からこう告げられた、「シロディールへ帰らなければならなくなった」と。頼りになる上司を失い、ブレイズの名ばかりのリーダーになった私は、ネレヴァリン関連の調査の協力者Mehra MiloをTempleの魔の手から救い出した。彼女は、失われた予言について反体制派の司祭たちから聞き出すため、彼らの隠れ家であるHolamayanで合流しようと言うのだが……。




正義の執行者、Imperial Cult

せっかく久しぶりにEbonheartに来たことだし、Holamayanに行く前に観光でもしていこうかな、と思ってぶらぶらしてたらImperial Cultに勧誘されたので、lay servant奉仕者)になることにしました。

lay servant(奉仕者)になることにしました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

実は私、彼らと対立している組織であるTempleにも入会しているんですが別にいいですよね。Mehraを救出したことでTempleのメンバー失格と思われてるかもしれないし、それ以前に巡礼が達成できなくて一向に位階が上がらないためにほぼ死に設定になってるし。クエストマーカーもないのにVvardenfell中に散らばってる石碑を巡礼するなんて方向音痴の私には不可能なんですよ。


Imperial Cultの任務は、下記の通り3つに分かれています。

  • Almoner慈善係
    恵まれない人々のための寄付を各地のImperial Cultの信者から募る

  • Shrine sergeant神殿警察
    Imperial Cult信者の困りごとを解決する、悪者を退治する

  • Lay healer治癒師見習い
    治療薬を作るのに必要な素材を生産者からもらってくる

完全なるおつかいクエストの塊ですが、他の多くのクエストがやたら血生臭かったり人々の薄汚い一面を垣間見せたりする中でストレートに正義を遂行する内容なので、やたら清々しい気分で取り組むことができました(まあ一部勝手に植物を盗む任務もあったりしましたけど)。

神殿警察と治癒師見習いの2つは結構お手軽にクリアできるため、とんとん拍子でImperial Cult内での階級が上がっていきました。

一方、慈善係は人間力で人々から寄付をもぎ取る任務なので、戦闘脳でPersonality(魅力)は未だデフォルト値、speechcraft(コミュ力)が10くらいしかない私には荷が重かったです。基本、賄賂で無理矢理好感度を上げて寄付してもらってました。それって私が渡した賄賂をそのまま寄付してるだけじゃね? と心の中で何度ツッコんだことか。




Edwinnaの依頼その4、その5と道すがらのあれこれ

Imperial Cultの任務の途中で、前回、Ald'ruhnの魔術師ギルドのリーダーEdwinnaから、Dwemer Tubeをドゥーマーの遺跡Arkngthunch-Sturdumzから取ってきてほしいと言われていたことを思い出しました。

Dwemer TubeをArkngthunch-Sturdumzから取ってきてほしい
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Arkngthunch-Sturdumzは、Ald VelothiというVvardenfell北西の漁村からまっすぐ西へ行ったところにあるそうです。


Ald Velothiは船便のない小さな村なので、近隣の街からあくせく歩いていく必要があります。私はGnisisから歩くことにしました。

Oritius Maro
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

ちなみにGnisisではOritius Maroオリティウス・マロ)という人を見かけました。もしかしたらスカイリムのマロ親子の先祖かもしれませんね。



洞窟の中で半裸のおっさんが震えてた

Ald Velothiへ行く道すがら、Palansourという怪しげな洞窟があったので、なんの気もなしに立ち寄ってみました。そこで世にも恐ろしい光景を目の当たりにするとはつゆほども思わずに。


中にはScampなどのデイドラが何匹もうようよしていました。そいつらを蹴散らすと、ならず者たちの死体が散らばっていることに気づきました。

Palansour
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

テーブルの上に人間の肉が置いてあったり、

テーブルの上に人間の肉が置いてあった
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

死体から剥がしたらしい服が一か所に集められていたり、

死体から剥がしたらしい服が一か所に集められていた
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

大鍋が煮え立っていたり、

大鍋が煮え立っていた
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

むごい拷問(処刑?)をしていた跡が残っていたりして……

むごい拷問(処刑?)をしていた跡が残っていた
槍に貫かれた頭骨
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

従者がいないと寂しくて死んじゃう病であるにもかかわらずソロプレイ中の私、いったいここで何が行われていたんだろうねえ? と震え声で自分自身に問いかけます。ああ、こんなとき後ろにSinnammuがいてくれたらどんなに心強かったか。


洞窟内のお宝を漁っていたところ、私は洞窟の上の方にかすかに、生きている誰かの気配があるのを察知しました。どうやら、浮遊の魔法か浮遊薬を使わないと行けない高所に小さな部屋があるようです。Mehra救出の際に入手した浮遊薬の余りを使ってその部屋の前まで飛び上がり、武器を手に携えて恐る恐る扉を開くと、そこには――

アホ面晒した半裸のおっさん
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

アホ面晒した半裸のおっさんが突っ立っていました。

おっさんの話によると、魔術師の彼は仲間のならず者たちとともに密輸業に勤しんでいたが、ある日召喚したscampたちが暴走。彼はこの高所の部屋にヘンテコな帽子と腰巻きを身に着けさせられて閉じ込められ、scampたちが料理した仲間の肉を食べさせられていたとか。オエーッ

デイドラ、特にscampあたりは単純に暴力的なだけだと思ってたんだけど、予想外に残忍なんだなあ。1人だけ生かしてふざけた衣服を着せて仲間の肉を食べさせて楽しむとか、マジやべぇよあいつら

おっさんは、「下に降りるために浮遊薬を分けてくれれば、この帽子と腰巻きは品自体は良いものっぽいからあげるよ」みたいなことを言ってきました。一応お言葉に甘えてもらっといたんですが、なんら特殊効果があるわけでもない普通の服でがっかりしました。

哀れなおっさんが全裸になってしまった
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

まあ哀れなおっさんが全裸になってしまったのを見られたのはちょっと面白かったですけどね。



Ashlanderに誘拐された巡礼者を救え

Ald Velothiに到着しました。

哀れなおっさんが全裸になってしまった
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

船便がありそうな雰囲気を醸し出しまくっているのになぜか使えません。何か特殊な条件を満たすと使えるようになるのかもしれません。

この村の住人たちは現在、ならず者のAshlanderの一団が巡礼者の女性Madura Seranを誘拐した事件のために恐れおののいているそうです。

ならず者のAshlanderの一団が巡礼者の女性を誘拐した事件
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

ふふん、これはネレヴァリン候補たる私の出番ってやつですな。Edwinnaの依頼を達成する前にちょちょいと解決してあげましょう。


Ashlanderのリーダーのところへ行き、Madura Seranを返すよう求めました。

AshlanderのリーダーにMadura Seranを返すよう求めました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

はい、まあそうなりますよね。いつも通り賄賂で好感度を上げてもう一度試してみますか。

この手の平の返し方マジウケる
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Llalar Berelothに賄賂贈ったときも思ったけど、この手の平の返し方マジウケるわ~。さっきまで塩対応だったのが速攻で私を友達呼ばわりですよ。いやあ、本当に愉快だ。しかし、そのくせMaduraを返すにはさらに500ゴールド必要とか抜かしやがる。仕方ない、支払ってやるか。

……で、助けたはいいものの、特に謝礼を渡されることもなく、ただお礼だけ言われてこのクエストは終了してしまいました。えぇ~、私の賄賂+500ゴールドはどこへ……いや、うんまあ別にいいんだけどね? ほら、私たぶんネレヴァリンだし? 見返りなど求めずに人々を助けるのが英雄ってものだし??(血の涙)


やりきれない思いに打ちひしがれた私は、Arkngthunch-Sturdumzまでの道すがら襲ってきたドレモラを撲殺し、そいつの持っていたお高い武器を剥ぎ取ってなんとか溜飲を下げたのでした。

ドレモラを撲殺
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind



Edwinnaの依頼その5:Nchuleftingthからの調査報告を入手せよ

Arkngthunch-Sturdumzでは大して苦労することもなく、Edwinnaご所望のDwemer Tubeを入手することができました。

Nehuleftingthからの発掘報告が滞っている
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Dwemer Tubeを届けると、Edwinnaから、ドゥーマーの遺跡Nchuleftingthを調査している同僚Senilias Cadiususからの報告が滞っているので、様子を見てきてほしいと言われました。おっ、これまた血生臭い事件の匂い。オラ、ワクワクすっぞ!!


Nchuleftingthに到着すると、案の定、調査隊は全滅……していませんでした残念なことに

調査隊の案内役で、調査報告を書いていた地元のダンマーの男性がどこかへいなくなった
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

調査隊の案内役で、調査報告を書いていた地元のダンマーの男性がどこかへいなくなったとのことです。


彼は遺跡の下層で機械に襲われて亡くなっていました。

調査報告書
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

彼が所持していた調査報告書には、彼ら調査隊がEdwinnaがずっと探していたMzuleftという遺跡の場所を突き止めたこと、それに、彼らの捕まえたcenturion spider(ドゥーマーの遺跡によくいる蜘蛛みたいな機械)の奇妙な挙動のことが記されていました。


Centurion spiderの奇妙な挙動

彼らはこのcenturion spiderをシロディールに送るために船に乗せました。Vvardenfell付近では元気に動いて檻を壊さんばかりだったそれが、Sea of Ghosts亡霊の海:タムリエル大陸の北に広がっている、タムリエル大陸とアトモーラ大陸を隔てている海)に入ったあたりで突如動かなくなりました。そこで、試しにVvardenfellに引き返したところ、また元気に動き出したのだそうです。

興味深い現象ですね。Centurion spiderは生産地であるVvardenfell内でしか動作しないということでしょうか。彼らが動力源としている何かがVvardenfellにしかないのか、GPSみたいなのがついていて、安全な動作が保証されている領域の外に出ると停止する仕組みになっているのか。色々な可能性を妄想するだけでご飯3杯はいけますゲッヘッヘ。

船はSea of Ghostsを「離れた」か?
この項は私の英文解釈&設定考察大好きマンとしてのこだわりが爆発しているだけのものなので読み飛ばしていただいて全く問題ありません、ぜひ次の項へお進みください(笑)。

調査報告書
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

先ほどのこのスクショの"once he left the Sea of Ghosts, the centurion suddenly stopped working."は原文通りに訳すと「その船がSea of Ghostsを離れた途端、centurion spiderは動かなくなった」となります。しかし、ここで使われているleftはおそらくleft for(~へ向かって発つ)の間違いと思われましたので、私は「Sea of Ghostsに入った」と訳しました。

なぜなら、モロウウィンドの内海ではなくSea of Ghosts経由の海路でシロディールへ物を送るのであれば、モロウウィンドの北岸に沿って船で進み、スカイリムに入ってウィンターホールドかウィンドヘルムあたりで陸路もしくは河川での運搬に切り替えるのが妥当と考えられます。その間、船がSea of Ghostsを「離れる」ことは一切ないからです(Sea of Ghostsはタムリエル大陸の北岸全域を占める広大な海で、モロウウィンドからハイ・ロックまでの北の海が漏れなく該当するようです)。気になる方はタムリエル大陸の地図をネットで検索してみてください。

私の認識が間違っているのなら恥ずかしくて死にたいんですが、とにかくこんな思わぬところでモロウウィンドの物流について考えることができ、とても楽しかったです。



Edwinnaの依頼その6:Mzuleftの設計図を入手せよ(一旦保留)

調査報告を持ち帰った私にEdwinnaが次に依頼してきたのは、調査報告内でも触れられていたMzuleftからドゥーマーの設計図を持ち帰ってくることでした。

Mzuleftから設計図を持ち帰ってくるよう依頼された
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Muzleftはおそらく、私がずっと前に白いguarを探してDagon Felを1週間くらい彷徨い歩いていたときに見かけた遺跡でしょう。あそこ遠いんだよな。なんかやる気失せてきたわ……よし、この依頼は一旦放置して、そろそろネレヴァリンとしての務めを果たしに行くか!




TribunalとDagothの真実

私はEbonheartの船着き場から合言葉を使って船に乗り、反体制派の司祭たちの隠れ家であるHolamayanを訪ねました。

Holamayanを訪ねました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

反体制派の司祭のリーダー、Gilvas Bareloは、自分たち反体制派の司祭の状況について、こう語ります。

反体制派の司祭の状況
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

「現在、Templeとその信者たちはDagoth Urの脅威に怯えているため、信仰における多様な意見(=反体制派の司祭など)を認めないTemple過激派を支持している。しかし、もしわれわれが彼ら過激派よりもDagoth Urに立ち向かう力があることを証明できれば、Templeとその信者たちはわれわれを支持してくれるだろう」

そうですよね~、国家や集団が危機的状況に置かれているときは大抵過激な右派が支持されるものなんですよね。ああやだやだ。



失われた予言の解釈

Gilvasはまた、ApographaというTempleの秘密文書から見つけ出したネレヴァリンに関する予言、"The Lost Prophecy"と"The Seven Curses"の文言を教えてくれました。それらは、Urshilakuのワイズ・ウーマンNibani Maesaが私に語った失われた予言の一部であろうと彼は言います。


The Lost Prophecy

The Lost Prophecyはこんな感じ。

The Lost Prophecy
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

3行目に"Dragon-born"(ドラゴン・ボーン)という単語が出てきてうおおっ!? と歓声を上げてしまったのですが、Gilvasの解釈によると主人公がドラゴンボーンであるというわけではなく、ドラゴンの象徴のもとに生まれた=帝国生まれであることを示しているだけのようです。帝国の皇帝が"Dragonborn"(ドラゴンボーン)なので、帝国の象徴もドラゴンになっているのでしょう。思い返してみれば、モロウウィンドの帝国の拠点であるEbonheartやTES4 Oblivionの帝都にはドラゴンの像が建っていました。

Gilvas曰く、この予言の意味はだいたい次の通りではないかとのこと。

The Lost Prophecyの意味
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

「Outlanderがレッドマウンテンに潜むseven curses7つの呪い)に立ち向かう。彼はAzuraアズーラ)に祝福されており、呪われた剣でもって、House DagothDagoth家)かHouse Dwemerドゥーマー家)か、もしくはその両方に対し正義を執行する」

ネレヴァリンがoutlanderであることを示すこの予言は、多くのAshlanderにとって喜ばしくないことであっただろう(Ashlanderは基本的にoutlanderが嫌いなので)。だからこの予言は失われてしまったのかもしれない、とGilvasは推測します。

これまでの話の流れからだいたい予想していた通りの内容でした。アズーラはスカイリムでお馴染みのデイドラの良心ですね。たぶん、このゲームの一番最初、私が帝都からモロウウィンドに搬送されている最中の夢の中で私に話しかけてきた神様でしょう。

しかし、House Dwemerドゥーマー家)という表現が気になりました。これ、予言に直接書いてあるわけじゃなくて、Gilvasが言ってることなんですよね。なぜドゥーマーがダンマーのGreat Houseのひとつみたいな表現をされているのでしょうか? ドゥーマーはダンマーとは別の人種ではないんですかね? なんだかよく分かりませんが、とりあえずもうひとつの失われた予言に話題を移しましょう。


The Seven Curses

The Seven Cursesはこんな感じ。

The Seven Curses
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

ネレヴァリンが立ち向かう7つの呪いは、House Dagoth(Dagoth家)かHouse Dwemer(ドゥーマー家)か、もしくはその両方がもたらすものである。FireとAshはレッドマウンテンから降下する炎と灰、Fleshはcorprus diseaseとその罹患者たち、Dreamsはdisturbing dreamsと眠れる者の襲撃を指しているものと思われる。Ghosts、Seed、Despairは現時点では解釈不能

ここでもやはりHouse Dwemerと表現されているのが気になりますが、それは一旦置いておきましょう。まだ不明瞭な部分はあるけれども、これらがネレヴァリンたる私の立ち向かわなければならない脅威のようです。



Kagrenac's Tools

Gilvasはさらに、Templeがひた隠しにしてきた本当の歴史を語る"Kagrenac's Tools"(カグレナクの工具)という文書を提供してくれました。

"Kagrenac's Tools"(カグレナクの工具)という文書を提供してくれました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

そこには、驚くべき真実が記されていました。

驚くべき真実が記されていました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind


定命の者の世界(このゲームの舞台であるNirn ニルン)を創り出した創世神Lorkhanロルカーン)。その心臓がレッドマウンテンの地下に眠っていることを知ったドゥーマーの指導者Kagrenacカグレナク)は、心臓の力を利用してドゥーマーのための新たな神を創りたいと考えました。そしてそのために、3つの強力な工具を作り出します。それらが、カグレナクの工具――

  • 心臓の魔力に触れたとき、着用者が死んでしまうことを防ぐWraithguard(腕当て)
  • 心臓を叩いて望み通りの魔力を引き出すSunder(ハンマー)
  • 心臓から湧き出る魔力を剥ぎ取ってひとまとまりにするKeening(剣)

です。

チャイマー(ダンマーの先祖)とドゥーマーのレッドマウンテンにおける戦いの最中、カグレナクはこれらの工具をロルカーンの心臓に使いました。すると、どのような原理でそうなったかは定かではありませんが、ドゥーマーの人種全体がニルンから消え去ってしまいました。(ニルンには最後のドゥーマYagrumが残っているので、ニルンから消え去ったという部分はもしかしたら話に尾ひれがついた感じかもしれません。)

ネレヴァル卿とDagoth卿はこれらの工具を手に入れましたが、どうすればよいか見当がつきません。ネレヴァルはDagothに、自分が相談役の3人、VivecAlmalexiaSotha Silと相談している間、工具を守っていてほしいと頼み、レッドマウンテンを去りました。相談の結果、とにかくレッドマウンテンに行って何をすべきか決めることになり、ネレヴァルと3人の相談役はレッドマウンテンに戻ります。

そこにいたのは、工具の力に魅了されたDagothでした。Dagothは、「自分が」工具を守るとネレヴァルに誓ったのだと言い募り、工具をネレヴァルたちに手渡すことを拒否します。戦いの末、Dagothは打ち倒されました。ネレヴァルと3人の相談役は、工具を未来永劫決して使わないと誓い合い、各々で保管することにしました。

ところが、ネレヴァルの死後、3人の相談役は誘惑に負けてしまいます。彼らはカグレナクの工具を持ち寄り、レッドマウンテンの地下でロルカーンの心臓に使い、そして、聖なる神の力を得、Templeの三柱の神、Tribunalになったのです。

さらに悪いことに、Dagothもまた、真に打ち倒されてはいませんでした。彼は相談役を引き連れたネレヴァルと対面する前に、カグレナクの工具を使うことで心臓の力の性質を学び、心臓の力を引き出す術を得ていました。

確かに、TribunalはDagothと異なり、心臓の力を注意深く、善いことをなすために使っています。彼らはモロウウィンドとダンマーの人々のために数多くの偉業を成し遂げました。しかし、神の心臓から力を盗むことそれ自体が、そもそも恐ろしく愚かで、破滅につながる行為なのです。

Tribunalは心臓の力を制御できなくなり、彼らの神性は弱体化しつつあります。もはや、彼らにはDagoth Urから人々を守る力はありません。


……ううむ。なんというか……ものすごい話だ語彙力不足)。こないだIlnibiでDagoth Urの伝言の中に出てきた「宣誓によって守らせていた宝」ってのは、カグレナクの工具のことだったんですね。


Givasは"Kagrenac's Tools"を私に託すとき、こう告げました。

「ここに書かれている真実を隠すために、Templeはネレヴァリン(の信奉者)とわれわれ反体制派の司祭を弾圧してきた。だが、弾圧は終わりにすべきだ。われわれは一丸となって、真の敵Dagoth Urと戦わなければならない。そして、もしあなたがネレヴァリンであるのなら、われわれTempleの者たちを統率し、Dagoth Urに立ち向かうのがあなたの役割だ」と。


やはりモロウウィンドはTESシリーズの最高傑作である

多くの嘘や誤解、憶測、曖昧な示唆を交えながらゆっくりと世界の真実を明かしていく、また、単なるよそ者、あるいは敵対者だった主人公が徐々に英雄としての資質を獲得していく、というこのストーリーの構造、めちゃくちゃ秀逸だと思います。このカグレナクの工具の話もおそらく通過地点に過ぎず、私が全貌を知るのはまだずっと先の話になるのでしょうが、とにかく言わせてください、やはり私にとってモロウウィンドはTESシリーズの最高傑作であると。モロウウィンドとスカイリムしかプレイしていないくせして偉そうなことを言うな、と思われる方もいらっしゃるでしょうから、より正確に表現させていただきますと、モロウウィンドのストーリーはスカイリムのそれよりもずっと面白いです。

スカイリムも確かに面白いです。が、ストーリーではなくて、個々の要素(世界設定、キャラ、場所など)が魅力的で、それらを活用してRPするのが面白いんです。スカイリムのストーリーはドラゴンが襲ってきた→倒す→ドラゴンボーンとして称賛される→シャウトの力を高めるために修行する……みたいな調子で王道を行きすぎていて、プレイヤーに疑問を抱かせる余地がありません。それがいいという人もいるでしょうが、私はあまり好みではありません。モロウウィンドのようにこんがらがった話が大好きなのです。

私はRPするのも好きなので、総合的に評価すれば、スカイリムもモロウウィンドと同じくらい楽しめています。が、RPが特に好きでないストーリー重視のゲーマーにオススメするとしたら、断然、モロウウィンドを選びます。惜しむらくはかなり昔のゲームなのでグラフィックが古く、グラフィックにこだわる人には受け入れてもらえないということですね。あとプレイ可能な言語が英語しかないこと。その2点をクリアしたリメイク版を発売すれば、モロウウィンドはスカイリムと同等かそれ以上にヒットするに違いないと私は思います。




第三の試練までの道のりは遠い

Holamayanを出た私は、その足で近くのドゥーマーの遺跡Nchurdamzに向かいました。ずっと前、戦士ギルドでこのNchurdamzを調査している女性の手助けをしてやれと指示されていましたが、遠くて辿り着くまでに死にそうだからという理由で放置していたのです。このたび、近くのHolamayan行きの船が出現して実質的にEbonheartからの海路が開拓されたため、依頼を実行できるようになったというわけです。

Nchurdamzの外では、果たしてLarienna Macrinaという女性が私を待っていました。

Larienna Macrina
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

彼女は、この遺跡に潜む"great beast"を退治する依頼の途中なのだそうです。「さあ、早速遺跡を一緒に探検しましょう」と言うLariennaを、私は元来た船着き場の方角へ連れ出しました

なぜかって? さっきお伝えしたじゃないですか、私は従者がいないと寂しくて死んじゃう病なのだと。彼女は私のSinnammuに代わる新しい従者になるのです。Great beastとかいうやつを退治しようとしているくらいだからある程度は腕も立つのでしょう。そんな貴重な人材をむざむざクエストクリアして手放してしまうわけにはいきませんよ。



Sul-Matuulの課す試練

私はLariennaとともにAshlanderのUrshilaku campを訪れました。反体制派の司祭から教えてもらった失われた予言を、今やCaiusに代わり私の導き手となったワイズ・ウーマンNibani Maesaに知らせるためです。

Nibani Maesaの言葉1
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

「失われた予言の情報を手に入れたんだね? あたしに教えておくれ、あたしが暗記するまで、何度も、何度もね。その後で初めて、反体制派の司祭の解釈を教えておくれ。それからしばらく、あんたは狩りをしたり、眠ったり、鍛えたり、育てたり、この土地のことを学んだりして、待っていな。あたしは予言を自分の中に馴染ませ、祖霊たちに見せ、彼らと、あたしの夢の中に現れる空と星の声を聴かなきゃならない。月が訪れて、去って、そしてまた戻ってきたとき、あたしの判断をあんたに伝えるよ」

詩的な言い回しがとても素敵なナイスマダムNibaniさんですが、あくまでお金が大好きであることをお忘れなきようにお願いします(詳しくは過去のプレイ日記にて)。

これは簡潔に言うと1日待てということなのでしょうが、すぐに話しかけても問題なく彼女の判断を教えてもらえました。

Nibani Maesaの言葉2
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

「先祖と星々がはっきりと教えてくれたよ。失われた予言は全て正しい――ネレヴァリンの生まれ変わりはoutlanderだ。アズーラに祝福されたあんたが、Dagoth Urのもたらす7つの呪いを退けるんだ。今こそ、あんたがSeven Visions7つのヴィジョン)で暗示されているネレヴァリンのSeven Trials7つの試練)を乗り越えるべきときだ。あたしはあんたの導き手に選ばれた。あたしが読み解き、道を示すよ。

第一の試練と第二の試練をあんたは既に乗り越えている。第一の試練は、とある日に両親不詳の状態で生を享けること。第二の試練は、病と老いに冒されない体を持つこと。

第三の試練はまだ乗り越えられていない。その試練の秘密を知っているのはあたしではなく、ネレヴァリン教団の守護者たるSul-Matuulだ。彼のところへお行き。第三の試練を乗り越えられたら、あたしのところに戻ってくるんだよ。次のネレヴァリンとしての使命へ導いてあげるから」

ついにNibaniが私をネレヴァリンになる可能性があると認めてくれました。こないだは「疑わしいけどそこまで言うならとりあえず失われた予言とやらを手に入れてきな」みたいな調子だったのが、だんだんと態度が軟化しているぞ。よし、この調子だ。言っとくけど、もうAhemmusaのSinnammuからはネレヴァリン認定されてるんだからな!!(ドヤァ)


ネレヴァリン教団の守護者であり、Urshilaku campのAsh khan(族長)であるSul-Matuulは、私をネレヴァリンのSeven Trialsに挑戦させるのにはまだ疑問が残ると考えたらしく、第三の試練の内容を伝える前に、まずは彼の課す試練を乗り越えてみせろと言いました。

Sul-Matuulはまずは彼の課す試練を乗り越えてみせろと言いました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

「太古の昔Dagoth家の持ち物だったKogoruhnという近場の遺跡に、最近、レッドマウンテンの瘴気に冒された化け物どもが住み着いた。私とUrshilakuの最も優秀な狩人でさえ恐れて逃げ帰ったその場所から、3つの証拠を持ち帰ってくるのだ。お前があの場所を恐れず、化け物どもと渡り合ったという証拠をな」

具体的には、Corprus beastの死体から剥ぎ取れるcorprus weepings、Dagoth家の紋章が入ったカップ、それにKogoruhnの最奥部にある墓に供えられているShadow Shieldを持ち帰ってほしいそうです。



Kogoruhn蹂躙(前編)

Lariennaと一緒にKogoruhnにやってきました。

Kogoruhn
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

到着早々、私の目に飛び込んできたのは、Indoril装備を着た誰かの死体でした。

Indoril armorを着た誰かの死体
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

私はすかさず死体から全てのIndoril装備を剥ぎ取りました。どういう事情でこんなことになったのかは知ったことではありません。

死体から全てのIndoril装備を剥ぎ取りました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

この装備は価値が高いので、一着丸ごと合法的に欲しいとずっと思っていたのです。金を得るためには死体漁りもためらわない、それが私のポリシーです。防御力等を吟味した結果、一部は自分で装備して、残りは後で売り払うことにしました。


Kogoruhnの中にはSul-Matuulの言っていた通り化け物がうじゃうじゃいました。

化け物がうじゃうじゃいました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

が、一部の化け物以外はさほど苦労せず倒すことができました。Lariennaという従者が敵の攻撃を分散してくれたことももちろんですが、私自身がいつの間にか、彼らをものともしないほど強くなっていたのでしょう。


真ん中あたりの階層にDead Heroという名前の人間やオークの死体が合計3体倒れていました。

Dead Hero
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

なんなんだろう、この人たち。私以外にこんな僻地に来てる人がいるなんて夢にも思いませんでした。白骨化していないということは、わりと最近訪れたばかりではないでしょうか。でもまあ何はともあれ、いい装備を持っていらっしゃるようだからいただいておきますかね


あと印象に残ったことと言えば、Dagoth Ulenとかいうやつに「貴殿はアズーラを本当に信じているのか? あの約束を守らないことで評判のデイドラの一柱を? くくく、愚かなことよ(意訳)」とあからさまに挑発されたり(お返しに魂石に閉じ込めてあげました)、

Dagoth Ulen
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Dagoth Ulenがずっとたむろしていたであろう部屋にこんな感じの椅子を積み重ねた奇妙なオブジェ(?)があったり、

奇妙なオブジェ
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Lariennaが光の加減でのっぺらぼうに見えたことくらいですかね。

Lariennaが光の加減でのっぺらぼうに見えた
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind


本当は一番奥まで行ってさっさと目的の品を取ってきたかったのですが、ここまで相当な数の死体を漁ってきたせいで、私の積載量は限界に達していました

仕方なく、私は一度、荷物を置きに戻ることにしました。そして、しばらくの間、Sul-Matuulの課したこの試練を放置することになるのでした。



持てる者の悩み

申し遅れましたが、モロウウィンドではタンスや箱は基本的にリスポーンしないので、好きな容器に自分の荷物を入れておくことができます。ただし、いったん入れると自分の持ち物であってもなぜか容器の所有者の持ち物扱いになることが多いっぽく、取り出しているところを誰かに目撃されると犯罪扱いされます。理不尽すぎる。


私は冒険の拠点としている各地の魔術師ギルドのタンスや箱に荷物を収納しています。価値の高い武器や防具を拾う機会が増えてきたのは嬉しいものの、それに見合う所持金を持っている商人がなかなかいなくてどんどん溜まってしまっており、困りものです。

時折寝込みを襲ってくる闇の一党の装備くらいが売り飛ばすのにはちょうどよかったのに、メインクエストを進めたら寝込みを襲うキャラがcorprus diseaseに罹患した化け物に置き換わっちゃったんですよね。あいつら、いくら殺してもどうでもいい錬金の素材と安っぽい棍棒みたいな武器しか手に入らないから嫌いです。



Edwinnaの依頼その6、その7:どこかの誰かと同じ轍は踏まなかった彼女

Ald'ruhnの魔術師ギルドに荷物を置きに戻ったら、Edwinnaから「Mzuleftの設計図はまだなの?」みたいなことを言われたため、Dagon Felにある目的の遺跡MzuleftにLariennaとともに向かいました。

Mzuleft
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

特に変わったことは何もなかった(大量のcliff racerに普通にイライラしながら遺跡に到着し、遺跡の中のならず者たちを普通にぬっ殺しまくった)ですが、ヘンテコな本を見つけました。

Mzuleft
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

これと似た本を私は遠い未来のスカイリムで見かけたことがあります。その記憶に間違いがなければ、これはドゥーマー語の本です。マルカルスのハイエルフのおじいちゃんが解読できるやつです。しかしなんだこのレオナルド・ダ・ヴィンチの人体解剖図みたいな図は。

設計図をEdwinnaのもとへ持ち帰ると、彼女はさらに、Gnisisの卵鉱の地下にあるドゥーマーの遺跡からも同様に設計図を持ってきてほしいと言います。再び面倒臭さに支配されないうちにと思い、スタコラサッサと一仕事してきました。すると、

もう自分から与えられる依頼はないから、他をあたってくれ
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

「もう自分から与えられる依頼はないから、他をあたってくれ」と言われてしまいました。

あれ、どこかの先生みたいにドゥーマーの謎を追いかけた末に消失したりはしないんですね、残念。まあメタ的な話をすれば、Ald'ruhnの魔術師ギルドのリーダーである彼女が消えたらギルドにまつわるこまごまとしたクエストのフラグがおかしなことになるから消失させるにさせられないんでしょう。



魔術師ギルドのWizardになるには

ギルド内での昇級に必要な技能値を達成したため、そろそろ次の位であるWizardに上げてくれとEdwinnaに持ち掛けたところ、「Wizard's Staffを入手するか購入すればWizardとして認められます。購入すると高いので、以前魔術師ギルドから抜けた裏切り者のAnirneから奪ってはどうですか?」とのこと。

裏切り者のAnirneから奪ってはどうですか?
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

あんた優しそうな顔してBalmoraの魔術師ギルドリーダーRanisばりに恐ろしいこと言うな。いや、たぶん昇級に関して質問したら、どこの街のリーダーでも全く同じことを言うんでしょう。つまりは魔術師ギルド全体の姿勢が恐ろしい。私も将来何かの都合で魔術師ギルドを抜けたら裏切り者と見なされて、Wizardになりたい誰かを差し向けられるのかもしれません。


まあ、お金を払いたくないので結局少し後でAnirneをぬっ殺しましたけどね。

Anirneをぬっ殺しました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

人道に悖る研究とかやってそうだったから良心は痛まなかったよ! 価値の高い武器や防具も手に入って一石二鳥!! だんだんRanisと同じような金の亡者になりつつあると自覚する今日この頃です。仕方ないですよね、モロウウィンドでは金がモノを言うんですから。



従者はもはや重荷でしかない

ところで、Nchurdamzの外で出会ってからこのかた、ずっとLariennaを連れ回しているわけですが。ぶっちゃけて言うと、今の私にとって従者はもはや重荷でしかないことに気づいてしまいました。

もちろん、私は今でも従者がいないと寂しくて死んじゃう病重篤な患者です。

しかし、もはや私の今のレベルでは、敵と出くわしたとき従者に助けられるよりも従者が敵に殺される私が誤爆して殺してしまう確率の方が高いです。

そのうえ、便利な脱出の呪文Almsivi InterventionとDivine Interventionは術者本人にしか作用せず、歩くのだるいな~と思って使うと従者を置き去りにしてしまうため、従者を連れているときはずっとだるい徒歩の旅を続けなければなりません。

さらに、以前商人からもらった速く走れる靴で颯爽と大地を駆けるのにハマり、従者の走りの遅さにイライラすることが多くなりました。


そんなわけで、私はLariennaとお別れするために、彼女のクエストをクリアすることにしました。

彼女の追い求めていたgreat beast、Hrelvesuuを倒すと、彼女はスカイリムのカトリアのように礼儀正しくお辞儀をして、こう言いました。

スカイリムのカトリアのように礼儀正しくお辞儀をした
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

「Hrelvesuuは討ち果たされた。でもあたしの本能が告げている、まだ安心できないと。だから、このあたりのドゥーマーの遺跡をもう少し探ってみるつもり。あなたはとても頼りになる相棒だったよ。さよなら、大切な友達」

Sinnammuほどの衝撃はないものの、ショックなことには変わりないですね。

どうして私はこうも孤独なのでしょうか。それがネレヴァリンの定めなのでしょうか。スカイリムのドラゴンボーンなんか従者はより取り見取りだし、各地で持ち家をゲットできて男女関係なく結婚できて養子まで迎えられるのに。いったいなんなんだ、この差は。はいそこ、ゲームのスペックの問題とか言わない。


戦士ギルドの任務は常に場所が曖昧

LariennaのクエストをクリアしたことをSadrith Moraの戦士ギルドのリーダーHrundiに報告しました。

Dissapla MineとかいうTel Aruhnの西にある卵鉱で依頼をこなしてこい
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

次はDissapla MineとかいうTel Aruhnの西にある卵鉱で依頼をこなしてこいとのことです。Tel Aruhnには以前船で行ったことがあります。が、肝心のDissapla Mine自体の場所を地図に書き込むこともなく、アバウトな方角の情報しか教えてくれないとなると、Balmoraの戦士ギルドの依頼と同様、迷いまくった末に放置することになる確率が高いです。どうしてこう戦士ギルドの人たちってのはアバウトな指示が多いのかな。まあ、そのうちやりますよ、そのうちね



初めての窃盗

そういえば、Sadrith Moraの魔術師ギルドのリーダーSkink-in-Tree's-Shadeは、Wizardになったら新しい依頼をすると言っていました。

新たな依頼その1のAsh Ghoulの魂を魂石に入れて持ってくるというのは、先日のIlunibi襲撃時に既に入手していたため軽々クリアできました。ところが、次の依頼はそううまくはいきませんでした。

吸血鬼に関する本を手に入れるクエスト
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Skink-in-Tree's-Shade曰く、再び吸血鬼に関する本を手に入れてほしいそうですが。

目的の本について、珍しい本を多く扱っているVivecの本屋の店主Jobashaに聞き込みを行ったところ、どうやらその本は、Templeの施設Hall of Justiceの秘密の図書室にしか所蔵されていないようでした。

VivecのHall of Justiceの秘密の図書室にしか所蔵されていない
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

以前、やはりSkink-in-Tree's-Shadeの依頼で吸血鬼に関する別の本をJobashaから購入したとき、彼は「吸血鬼に関する情報はTempleが厳しく取り締まっている。この本を持っていることが分かったらただじゃ済まないから気をつけろ」みたいなことを言っていました。ということは、秘密の図書室にあるその本もあるべくしてそこにあり、持ち出したことがバレたら当然とんでもないことになるのでしょう。


秘密の図書室とやらがどこにあるのか、方向音痴の私は30分ほど探し回っても皆目見当がつかなかったため、伝家の宝刀、攻略サイトを使いました。

カーペットで半ば隠されるようにして入り口がありました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Hall of Justice内のOffice of the Watchの隅っこ、カーペットで半ば隠されるようにして入り口がありました。こんなんいくら歩き回っても分かるわけないだろ(ブチギレ)。普通足元なんか見ないわ。もしかしてMehra Miloに聞いたら答えてくれたのかもしれないけど、もうHolamayanに避難しちゃっていないし。

なお、この部屋にいたVivecの警備隊長のおっさんに話しかけたら、ずーっと前に地下水道の怪しげなダンマーの女をSATUGAIして以来進展していなかった連続殺人事件が突然解決しました。

連続殺人事件が突然解決しました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

やっぱり私が殺したダンマーの女が真犯人だったようです。そういやこのおっさんから調査を依頼されてたんだっけか、すっかり忘れてたぜテヘペロ

しかし、このおっさんたち、私が秘密の図書室の扉の鍵を鍵開けの呪文で開けても、図書室に堂々と侵入しようとしても何も反応しないんです。職務怠慢でしょうか? てか私、Mehraを救出するときにTempleとはかなり対立してるはずですけど、そんな不審人物にこんな重要な場所で好き勝手させていいんでしょうか。やれやれ、Templeの内部で腐敗が進んでいるという話はどうやら嘘ではなかったようですね。嘆かわしいことです。


秘密の図書室の中にいた衛兵と司書みたいな人も、私が突如闖入してきたことに対し軽く警告を発するだけで、突然襲いかかってきたり、私をつまみ出したりすることはありませんでした。それでいいのか、Temple

隠密状態で本を懐に入れることで目的は達成できました。余談ですが私が明確に窃盗を犯したと自覚したのは今回が初めてです。街中の木箱の中身を頂戴したりはしてますけど、あれは私の中では窃盗にカウントされてないので。



Kogoruhn蹂躙(後編)

諸々のクエストに一区切りついたところで、私の足はようやくSul-Matuulに課された試練のダンジョン、Kogoruhnに向かいました。

……と言っても、実は前編の時点で既にほとんどの敵は始末しており、残りは最奥部だけという状態でした。

連続殺人事件が突然解決しました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

こんな感じのぱっと見ヒンドゥー教の神話か仏教の説話にでも出てきそうな外見の敵がいてビビりました。めちゃくちゃ強かったけど殴りまくったら勝てました

最奥部でSul-Matuul所望のShadow Shieldと売り払えそうなお宝をたくさん手に入れた私は、一路、Urshilaku campに戻ることにしました。




>>Steamで買う





これにてプレイ日記その10は終了です。最後までお読みくださりありがとうございました。

次の話はこちらの記事に書きました。








※この文章は、赤城みみる(Twitter ID i14wander、はてなブログID i14wander)により執筆され、赤城みみるの所有するブログ「星を匿す雲」(http://cqs4live.hateblo.jp/)(http://cqs4live.hateblo.jp/archive)に掲載されているものです。著作権法32条で定められた要件を満たさず行われる転載は、著作権法21条に違反します。




<< プレイ日記その11プレイ日記その9 >>