星を匿す雲

主にTVゲーム、漫画、小説、史跡巡りの感想を書いているブログです。基本的に【ネタバレあり】ですのでご注意ください。

小説-その他

【ネタバレあり感想】『シャイニング』:質の違う3つの怖さを味わえる傑作ホラー小説

小説『シャイニング』(スティーヴン・キング作、深町眞理子訳)の感想記事です。

【感想】十二国記・月の影 影の海:思春期に読んでおきたかった小説No. 1

ファンタジー小説「十二国記」シリーズ第1作『月の影 影の海』(小野不由美作)のネタバレあり感想記事です。

【レビュー・感想】残穢:解釈次第で際限のない恐怖を喚起するドキュメンタリー・ホラー

ホラー小説『残穢』(小野不由美)の紹介・感想記事です。本作のネタバレなしレビュー・ネタバレあり感想を書いています。ドキュメンタリー物としては面白い。ホラーとしては解釈次第で面白いかどうか分かれる。それでも一読の価値ありです!

【レビュー・感想】侍女の物語:戦い、従い、力尽きる女性たちの物語

ディストピア小説『侍女の物語』(マーガレット・アトウッド作、斎藤英治訳)の紹介・感想記事です。本作のネタバレなしレビュー・ネタバレなしあり感想を書いています。

【レビュー・感想】死神の精度:風変わりな死神と過ごす、最期の7日間

伊坂幸太郎作『死神の精度』の紹介・感想記事です。前半でネタバレなしのレビュー、後半でネタバレあり感想を書いています。