星を匿す雲

星を匿す雲

主にTVゲーム、アニメ、歴史漫画、史跡巡りの感想を書きます。基本的にネタバレあり。

【プレイ日記】方向音痴ブレトン、モロウウィンドを彷徨う その7:マーラ様がみてる

皆様こんにちは。赤城です。

Bethesda SoftworksのPC/XBOX ONE/PS4用ソフト"The Elder Scrolls III: Morrowind" (モロウウィンド)のプレイ日記その7をお送りします。

モロウウィンドおよびスカイリムのストーリー全体の微妙なネタバレが含まれます。ご注意ください。

>>公式サイト




前回までのあらすじ

私は、方向音痴で人の話を聞かないことに定評のあるブレトンだ。ようやくブレイズの最初の使命を達成することができた。ほっと一息ついたのも束の間、次なる使命と、魔術師ギルドの守銭奴ことRanisの依頼、そして謎の「悪夢」が待ち構えていた。私は頼りになる旅の仲間SinnammuとItermerelとともに、Pelagiadに向かうことにした。




穏やかな田舎町Pelagiad

Pelagiadに到着しました。

Pelagiadに到着しました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

道端にいたおっさんによると、元は街道の安全を守るために帝国が建てた要塞があるだけだったのが、退役した衛兵が周りで農業を始めて、やがて小さな村になったそうです。

道端にいたおっさんによるPelagiadの説明
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind


なんかここでも眠れる者(Sleeper)だとかいう名ありの市民に声かけられました。秘密結社みたいに紛れてる感じなのでしょうか。怖い。

f:id:i14wander:20190708230917j:plain
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind


そんなのどかで微妙に怖い町Pelagiad付近でこの後、私が数々のロマンスを目の当たりにするであろうとは、誰にも予想ができなかったのでした。




マーラ様がみてる

さて、私はこれからPelagiadの近くにあるというAndrano Ancestral Tombに向かわなければならないのですが、お馴染みの迷子になってしまいました。



キスくらいお安い御用だ

そして道端で出会ったのが、この怪しげなダンマー、Nels Llendoです。

Nels Llendo
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

「顔を赤くしているところを見るに、きみは私のことを知っているようだね。怖がることはないよ、美しい人。私はどこかの連中が噂しているような心無い人間では決してないからね。ああ、どうかキスをしてもらえないかな。私はどうやら今までで最も貴重な対価を望んでいるようだ……きみというお客様に」

いきなり何言ってんだ。あなたのことなんて知らない(前にどこかで聞いたかもしれないけど忘れた)し顔を赤らめてもいないです。kissのところを青くするのやめてください。

どうやら前回あたりから私のモロウウィンドは恋愛ゲームになりつつあるようですね。


彼に対する主人公の返答は2択。

主人公の返答は2択
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

  1. キスするくらい、なんてことはない。
  2. Guarにキスする方がましだ。

振れ幅すごいなお前

プレイヤー的には圧倒的に後者を選びたいところです。しかしこの主人公は前回も元Telvanni家の魔術師Llarar Berelothを好感度ほぼMaxにしておきながらさらっと袖にしており、プレイヤーと違って恋愛経験が豊富そうなので、前者を選んでおきましょう。


キスした後のNels氏の台詞がスクショできてなかったため、主人公の日記のスクショを貼ります。

ジャーナルのスクショ
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

キス直後:
「彼は私に強く魅了されているようだ。PelagiadのHalfway Tavernに来いと言われた。何か使い道があるかもしれない」

キスしてからしばらく歩いた後:
「彼はならず者だが、そこまで悪くない人種のようだ。Pelagiadを訪れたときには彼を探してみることにしよう」

ねえ、なんかちょっと絆されてない? 大丈夫??


なお、その後主人公とNelsの関係がどうなるかというと、

盗賊系のスキルのトレーナーになってくれます
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Nelsは熱烈なキスのお礼に、盗賊系スキルのトレーナーになってくれました。

……って、それだけかよ!? それ以上になんかこう、ないの!? いや、RPで何かあったことにはいくらでもできますけども。う~ん……私Llararの顔の方が好みだったんだよなあ。まあ、現時点では何も起こらなかったってことで。解散!


あと、Wiki的なもので調べたところ、こいつはプレイヤーキャラの性別によって対応が全く異なるそうです。男だと普通にカツアゲしてきます。

まったく、男でも女でも構わずキスしたがるクラッシウス・キュリオおじさんCrassius Curio)を見習ってくれよな、私まだ会ったことないけど。



雨宿りと決別

日記を解読し直して、どうにかAndrano Ancestral Tombに辿り着きました。

Andrano Ancestral Tombに辿り着きました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

いや~、明らかに何かが起きてますね。

Ancestor Ghostとかガイコツとかがうようよいました。ガイコツは結構強くて苦戦しました。

ガイコツは結構強くて苦戦しました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

そんなときも旅の仲間がいれば安心☆ って思うじゃん? 違うの、Itermerelさん、私が近接攻撃してる最中にGreater Lightning Boltだか何だかをめっちゃ撃ってくるの。おかげで何回か死にました

結局この墓で何が起きているかはよく分からないまま、お使いの品だけはしっかり入手することができたので外へ出ます。

いい感じのツーショット
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

SinnammuとItermerelのすごいいい感じのツーショットが撮れました。ワイズ・ウーマンとハイエルフの学者の老いらくの恋か。なんか応援したくなっちゃいます。

f:id:i14wander:20190708204741j:plain
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

残念ながらItermerelは(主に彼の攻撃魔法が私と相性が悪すぎるという理由で)PelagiadのHalfway Tavernに送り届けて旅の仲間から外しました。Sinnammuと文通とかしててほしい。……ワイズ・ウーマンって共通語の読み書きできるのかな?



恋のキューピッド

Balmoraへ帰るため、Sydna Neenへ向かいます(Pelagiadにはぼくらのタクシーsilt striderがないため)。


その途上、ならず者に宝石を奪われたというインペリアルの女性Maurrie Aurmineに出会います。しかし、そのならず者が奪ったのはどうやら宝石だけではなかったようで……。

Maurrie Aurmine
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

「宝石? そんなのどうでもいい! 彼はとっても魅力的で面白い人だったの……わたしはもう一度、彼に会わなきゃいけないの! お願い、彼を探して。彼がわたしを愛しているかどうかを知らなければ、わたし、生きていけない!」

奴はとんでもないものを盗んでいきました。彼女の心です。

……Pelagiadにマーラ様でも降臨してるのかな。


私は彼女の懇願を聞き入れ、そのならず者、Nelos Onmarを探しに行くことにしました。ちょうどPelagiadのHalfway Tavernでそんな名前のならず者を見かけたんですよね。ネロス大先生と名前が似てたから印象に残っていました。

Nelos Onmar
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

はい、想像通りNelosもMaurrieにベタ惚れでした。もうなんなのこのベッタベタな展開。なんかMaurrieへの手紙託されちゃったし、手紙の中身もめちゃくちゃ甘ったるいし。嫌いじゃないぜ。てかこの記事の主要登場人物、Halfway Tavernに集まりすぎだろ。

手紙を届けてあげると、Maurrieは大変喜んでくれました。彼女は間もなく彼と一緒になること、そして私にぜひTel Branoraにいる彼女の友人(男性)を訪ねてほしい、きっと仲良くなれるはずだから、と言ってきました。


ああ、私もこんなロマンチックな恋愛がしたい。こちとらお世辞で仲良くなった敵サイドの魔術師と熱烈なキスをしてやったのにスキルトレーナー止まりのならず者しかいないんだぞ。あとスカイリムでもテルドリン・セロが大好きなのにそういうやつに限って結婚できないんだぞ。世の中狂ってる。


さて、ここまでお読みのあなたはTel Branoraにいる彼女の友人(男性)が気になりましたね? 私もすごく気になって、後で会いに行ってみました。

Tel Branoraにいる彼女の友人(男性)
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

こんなでした

いや、うん、すごくいい人でしたよ? 友人であるMaurrieを心から祝福して、彼女の恩人であると主張する(が本当かどうか分からない)私に太っ腹なお礼の品をくれたんですから。でもタイプではない。断じて。



昼ドラめくTel Branora

Tel BranoraのMaurrieの友人の話をしたついでに、かの地の昼ドラ的様相(?)にもちょっとだけ言及しておこうと思います。

Tel Branoraは、Telvanni家の未亡人Trerayna Dalenが支配している土地です。

Tel Branoraにいる彼女の友人(男性)
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Treraynaは意味もなく屋外を散歩してるんですけど、態度の悪い用心棒を何人か連れていて、本人も高飛車でめちゃくちゃ印象悪いです。

こりゃいつか誰かに刺されるんじゃないか、と思っていたら案の定、あいつを殺してほしいと一方的に依頼されました。

あいつを殺してほしい
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Treraynaの面倒を見るために雇われており、彼自身はTreraynaにうんざりしていて彼女のもとを離れたいのに、彼女が許してくれないんだそうです。どんな面倒を見てるんですかねえ(ゲスい笑み)。

残念ながら、私は正当な理由がなければ殺人を犯さない主義であるため、彼の依頼は無視しました(正直言うと用心棒が強すぎるので諦めただけです)。




Balmoraにて小休止

数々のロマンスに翻弄された後、私はすっかりモロウウィンドにおける冒険の拠点となっているBalmoraへ帰りました。



Ranisの依頼その5:死霊術師を殺害せよ

ゴキゲンなRanis氏
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

魔術師ギルドの守銭奴ことRanis氏は私が着々と依頼をこなしてあげるものだからすっかりゴキゲンです。

「ようこそ、友よ! このあたりでは大した評判になってますよ。さあ、お話ししましょう」

まったく、調子のいいやつだ。私は生涯忘れないからな、Manweからギルドの会費を徴収できるまでここには帰ってくるなと言われたあの日のことを。


Ranisは、次はMaa Ganで死霊術を行っているらしいTashpi Ashibaelを殺してほしいと依頼してきました。

Tashpi Ashibaelを殺してこい
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

ん? なんだか既視感が……そうだ、Sadrith Moraの魔術師ギルドのSkink-in-Tree's-Shadeにも全く同じことを頼まれたじゃないか。ネタ被りかよ、しっかりしてくれベセスダ(フラグ)。



ブレイズの使命その3:Vivecで情報収集せよ

一方、ブレイズの依頼も無事達成。ネレヴァリン教団についてちょっとだけ新しい情報が分かりました。

新しい情報が分かりました
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

ネレヴァリンはネレヴァルの生まれ変わりで、Tribunal Templeの掲げる偽物の神々とこの地にはびこる侵略者たちを排除する、と予言されているそうです。Templeも帝国もこの予言を異端視しているが、Templeにも帝国にも与しないAshlanderの間では根強く信じられているらしいです。

ブレイズのリーダーCaiusは、自分がこの新しい情報を吟味している間に、私にはVivecに住む3人の情報提供者からネレヴァリンとSixth Houseについての情報を聞き出してきてほしいと言います。

Vivecに住む3人の情報提供者
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

はいはい、承知しました。またあの魔術師ギルドのワープが欲しくなるバカでかい都市へ行かないといけないんですね。




Maar Ganのデイドラと死霊術師

さて、魔術師ギルドとブレイズの使命をちゃっちゃと進めてまいりましょう。

まずは、これまでにまだ行ったことのない町に先に行きたいなあと思って、Ranis(魔術師ギルド)の依頼の方のMaar Ganへやってきました。

Maar Gan
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

ここはRedoran領の卵鉱の村。Tribunal Templeの一柱であるVivec神(Vivecの街の名はこの神様から付けられたものと思われます)がデイドラ神のMehrunes Dagon(メエルーンズ・デイゴン)を騙した場所であるMaar Gan Tower Shrineというのが有名なんだそうです。



こんにちは、デイドラさん

せっかくなので、Maar Gan Tower Shrineを見学しました。

Maar Ganの魔法の岩
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

これが、Mehrunes Dagonがダンマーの人々の上に落そうとしたけど、Vivecが彼を挑発して代わりに自分に向かって投げさせた岩だそうです。へえー。現実世界にも実在しそうな、リアリティのある(?)神話ですね。


感心しながらShrineの中を歩いていたら、

なんかいる
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

なんかいました

「俺はAnhaedraだ。テメエ、巡礼者か? チッ。そこの馬鹿げた石ころに書いてあるありがた~いお言葉でも読んでろ、クソが」(意訳)

こいつ明らかにデイドラだよね? だって"taunt the Daedra"(デイドラを挑発する)って選択肢出てるもん。え? なんでこんなところに普通に立ってるの? おかしくない? Shrineの中の人たち、こいつがここにいてもなんとも思わないわけ?

試しに挑発してみます。

挑発した結果
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

「ハッ! クソッタレが、オラついてんじゃねぇぞ」(意訳)
「テメエの死体をレ●プしてやる。安心しろ、そんときゃ優しくするぜ」

いや~デイドラなだけあってホント口悪いな。あといつも思うんだけど、戦闘に突入するのに律義にGoodbyeって言ってあげる主人公礼儀正しすぎ。

倒せばデイドラの心臓とか武器とか剥ぎ取れるんですが、会話ができるデイドラって貴重そうなのでやめておきました(リセットしました)。

なんだったんだろうあいつ。今後ストーリーが進むと話に関わってくるのかなあ。



ひたすら守銭奴、Ranis Athrys

Tashpi Ashibaelを探し出し、死霊術をやっていないかと問い詰めたところ、全く違う答えが返ってきました。

挑発した結果
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

彼女は治癒術師なんだそうです。Ranisのことを口に出すと、「ああ、なるほどね。あたし、魔術師ギルドへの入会を拒否したのよ」とか言い始めました。

う、うわぁ。つまりあれか、Ranis的には「魔術師なのに魔術師ギルドに入らないやつはきっと後ろ暗いことをしてるに違いない!」ってことか? Llararのことも魔術師ギルドに入らなければ殺せとか言ってたし、どんだけ魔術師総ギルド員化計画=会費でガッポガッポ儲ける計画固執してるんだよあの人。ついていけないわ。

私はTashpiに、Ranisには殺害したと嘘をついておくから、さっさと大陸に逃げろと伝えました。

魔術師ギルドの良心Skink-in-Tree's-Shadeの依頼と金の亡者Ranisの依頼の内容がもろ被りした時点でおかしいとは思っていたけど、こういう差別化によりSkink-in-Tree's-ShadeのまともさRanisの守銭奴ぶりをいっそう際立たせる狙いがあったのですね。なるほど、よくできてる。




Vivecで出会った真実

この後はVvardenfelの北西の町GnisisやSolstheimに行きましたが大して何も起こらなかった(Solstheimで調子に乗って歩き回っていたらモンスターに襲われて死んだ)ので省略。

ブレイズの使命のためにVvardenfellいち大きな街、Vivecを訪れました。



Huleeyaの話

Vivecに住む3人の情報提供者
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Caiusによると、私が聞き込みを行わなければならない情報提供者は3人。Morag Tong所属のアルゴニアンHuleeya、盗賊ギルド所属のカジーAddhiranirr、Templeの司祭Mehra Miloです。


まずは魔術師ギルド(Foreign Quarter内)から一番近い酒場にいたHuleeyaに会いに行きました。

なんか揉めている
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

おや、なんか揉めているようですね。ガラの悪いのが何人かたむろしています。

Huleeya
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Huleeyaに話を聞くと、彼らは自分たちの行きつけ(?)の酒場にアルゴニアンがいることが気に食わず、いちゃもんをつけているそうです。以前もお伝えした通り、モロウウィンドでは奴隷制が未だ認められています。殊に、最も奴隷として扱われている割合が高いアルゴニアンへの偏見は相当ひどいようです。どこにでもいるんですねえ、こういうクソみたいな人種差別主義者は。スカイリムのウィンドヘルムのことが思い出されますよ。

Huleeyaは友人であるJobashaの本屋、Jobasha's Rare Books(私は珍しい書籍を購入するために何度か足を運んでいます)に連れていってあげれば、ネレヴァリンについての話を聞かせてくれるそうです。

もちろん、こんなところからはさっさとおいとましようぜ、と言って酒場を出ようとしたところ、

戦闘に突入
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

いきなり差別主義者どもとの戦闘に突入しました。いや、マジびっくりした。Huleeyaの会話ウィンドウにYou n'wah!って3つも並ぶんだもの。

戦闘に突入
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

見たか! 正義は必ず勝つのだ!!(Sinnammuがすごい援護してくれた)


英雄ネレヴァルについて

HuleeyaをJobasha's Rare Booksに送り届けてミッションクリアです。

Huleeyaから教えてもらったこと
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

彼からはAshlanderの歴史と言い伝えTribunal Templeのネレヴァリン教団に対する姿勢偽物の生まれ変わりのことなどを教えてもらいました。ふむふむ、なるほど。

めっちゃ長くて全部和訳するのは死んでしまうためやめておきますが、かいつまんで書くと以下の通りです。

  1. Ashlanderの歴史と言い伝え
    • 遊牧民Ashlanderは、Great Housesに属するダンマーによって、最も貧しく暮らしにくい土地に追いやられた。彼らはいつか英雄ネレヴァルの生まれ変わりであるネレヴァリンがやってきて、彼らの土地と信仰の自由を奪還してくれると思っている。

    • 英雄ネレヴァルはGreat Housesのダンマーの指導者の一人でありながらAshlanderでもあった。つまり、対立する2集団をひとつにまとめ上げることのできる人物であった。

    • ネレヴァルはDeep Elves(ドゥーマー Dwemer)とoutlanderがダンマーの土地を奪いに攻めてきたとき、AshlanderとGreat Housesの連合軍を率いて打ち破った。

    • その偉大なる勝利の後、ネレヴァルは権力欲に目のくらんだGreat Housesの他の指導者たちに殺された。この指導者たちは、自分たちのことをTribunal Templeの神に祀り上げ、ネレヴァルがAshlanderたちと交わした約束を無視した。だが、ネレヴァルの生まれ変わりであるネレヴァリンはやがて偽物の神々を玉座から引きずり下ろすであろう。

  2. Tribunal Templeのネレヴァリン教団に対する姿勢
    Tribunal Templeはネレヴァリン教団を異端視している。特に、過激なTempleの所属員はネレヴァリン教団のメンバーを殺したり監禁したりする。

  3. 偽物の生まれ変わり
    過去、何度もネレヴァルの生まれ変わりだという人物が現れた。彼らをTribunal Templeは「偽物の生まれ変わり」と呼んでいる。一方Ashlanderは「生まれ変わりに失敗した者たち」と呼び、いつかネレヴァリンがやってくるという予言を裏付けるための存在であると考えている。

ふう。いきなりものすごい情報量だ。基本人の話を聞かない私には堪えます。でもとても面白いです。モロウウィンドには複雑な歴史があるんですねえ。TESシリーズのこういうところ、私ホント好きやねん


Morag TongとDark Brotherhood

なおHuleeyaからは、めちゃくちゃMorag Tong(地元ダンマー派の義を重んじる暗殺者集団)の宣伝をされました。

Morag Tongの宣伝
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

私が目下カモにしているDark Brotherhood闇の一党)のことをめちゃくちゃディスってました。あんな自分たちの利益のためだけに殺人を犯すやつらと一緒にしてくれるな、だそうです。だよね~、私もあいつら寝込みを襲ってくるから嫌い!(装備は金になるから好き)



Addhiranirrの話

続いては盗賊ギルド所属のカジートAddhiranirrの聞き取り調査に向かいましょう。

ちなみに旅の仲間Sinnammuはcanton間を移動するのに邪魔なので、魔術師ギルドに置いていきます。

Sinnammuは魔術師ギルドに置いていきます
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Vivecのcantonの間は階段を使ってあくせく行き来するよりも欄干から下の階層に飛び降りるというアクロバティックな移動をした方が時間がかからないんですが、モロウウィンドのフォロワーはスカイリム同様高低差に弱い上、スカイリムとは違ってワープで追いついてくれないんです。あと、ちょっとした段差にすぐ引っかかって動けなくなったりもします。なのでバリアフリーなところ以外は連れ歩いてはいけません。最悪詰みます。


さて、Addhiranirrは、どうやら税金の未払いか何かで役人に追われているようですね。さすが盗賊ギルド員。

Addhiranirrの所在
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind


どうせcanalworksあたりにでもいるんだろうと思って潜ってみると、案の定前方に怪しげなカジートが!

怪しげなカジート
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

と思ったら、残念、ただの無職のおっさんでした。

無職のおっさんでした
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

モロウウィンドでは、誰に話しかけてもだいたい「どんな仕事をしているのか(my trade)」という選択肢が出ます。この選択肢を選ぶと、みんなそれぞれ自分の仕事についての説明をしてくれるのですが、こいつだけは「仕事? 仕事なんてしてない。あっち行け、J'Dhannarを一人にしてくれ」などとなんかすごい不貞腐れます。お、おう、そうかい。ゲームの世界にも無職でぶらぶらしているキャラがいるっていうの、リアリティがあっていいと思うよ。


Addhiranirrはunderworksに隠れていました。

Addhiranirr
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

役人を追い払ってくれと言われ、Addhiranirrは大陸の方に逃げたと嘘をついて追い払いました。正義の味方気取りなので本当は正直に居場所を伝えたくてたまらなかったけど、ブレイズの使命のために泣く泣く諦めました。


Sixth Cultについて

Addhiranirrから聞き取ったのは、主にSixth House Cult第六のGreat Houseの教団)のことです。

Sixth House Cultについて
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

なんでも、何人かのずる賢い密輸商人たちが最近Sixth Houseというものすごく金払いの良い顧客を手に入れたんだとか。しかし、何を密輸しているかは分からないのだそうです。あんなに威張り腐って自慢ばかりしていた彼らが一様に口をつぐんでいるのはおかしなことだ、とAddhiranirrは言います。

ええ……いったい何を輸入(あるいは輸出)してるんだろう。


反社会系ギルドへの誘い

Huleeyaに引き続きAddhiranirrもめちゃくちゃ盗賊ギルドの宣伝をしてくれました。

盗賊ギルドの宣伝
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

どうやらベセスダさんは「正義感溢れるRPしてるYOUもそろそろMorag Tongや盗賊ギルドに入りなYO! 楽しいYO!!」とプレイヤーに圧力をかけたいようですね。

クッ、その手には乗らんぞ! 私は正義の味方RPを貫く! 生活のために木箱の中身は盗む行く手を遮る者は殺すけどな!!



Mehra Miloの話

最後の聞き取り調査の相手はTempleの司祭、Mehra Miloです。

この人は、HuleeyaやAddhiranirrのような厄介事には巻き込まれず、すぐに会うことができました。


Dissident Priestsについて

ネレヴァリン教団について
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

Templeはネレヴァルを聖人かつ英雄として信仰してはいるが、彼が生まれ変わるという予言に関しては異端であると考えている。そのために、この予言を信じているネレヴァリン教団を迫害している。ここまでは、Huleeyaに聞いた話と被っています。

Dissident Priestsについて
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

初耳なのが、Dissident Priests反体制派司祭)についての情報です。彼らはTempleがネレヴァリンの予言を認めていないことを批判し、Tribunalの神々の正統性と神性に疑問を投げかけ、彼らの力の源は神聖なものではなく、たちの悪い魔術的なもの、おそらくDagoth Urから来ているのではないか、と主張しています。また、彼らはTemple内部の腐敗も非難しています。そのためにTempleから異端者扱いされ、迫害されているそうです。

うわぁ。Templeってすごくドロドロした組織なんですね、クッソ面白いBalmoraを彷徨っていた最初期になんの気もなしに入会して、まだ最初の試練である各地の石碑の巡礼も終えられていない状態ですが、期待できそうです。他のクエストのついでにでも頑張ります。

え? どうして本腰入れてやらないのかって? 方向音痴だからいくら指示を読み込んでも石碑まで辿り着ける気がしないんですよ悪かったな! そういえば戦士ギルドのクエストもTelvanni家のスパイが隠れてる洞窟の場所が全く分からなくて頓挫してるんですよね~。ハハッ、エストマーカーが欲しい(涙)。


合言葉は"amaya"

Mehra Miloは、「自分はDissident Priestsの書いた本を読み、Dissident Priestsの友人を持っているから、Templeの兵士であるOrdinatorsに監視されている。そのうちに、自分もDissident Priestsたちと同じように逃げ隠れしなければならない日が来るかもしれない」と言います。

合言葉は"amaya"
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

そして、「もし何か良くないことが起こったら、そのときは"amaya"という合言葉のもとにメッセージを送るとCaiusに伝えてほしい」とも。

な、なんて盛大な死亡フラグだ。Mehra、強く生きろよ……! その言葉は確かにCaiusに伝えておくぞ。




目指せVivecマスター

Caiusに頼まれた3人への聞き込みが終わりました。

このまま魔術師ギルドのあるForeign Quarterへ帰ってSinnammuを拾ってBalmoraへワープしてもいいんですが、Foreign QuarterはVivecの北端にあります。今私がいるのはVivec南端のTempleのcantonです。遠すぎやしませんかねえ(ゲッソリ)。このまま何もせずにのんべんだらりとForeign Quarterまで走っていくのは大変です。

そこで、Foreign Quarterまで戻るついでに、色々なところに寄り道してみることにしました。



Templeのお役立ちスポット

Templeを出たところにいる司祭が、私が喉から手が出るくらい欲しかった呪文を売っていました。

喉から手が出るくらい欲しかった呪文
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

そう、Strengthの値を回復する呪文です。あの忌々しいBonewalkerの攻撃でStrength値をやられて持ち物を持ち運べる重量が下がってしまっても、これからはたぶん大丈夫! Strengthを回復する薬もいちいち持ち歩かなくて済むよ、やったね!!

この司祭は他のステータスを回復する呪文も売っていたので、喜び勇んで買い占めました。



Templeの上に浮かぶ巨岩

Templeの上に浮かぶ巨岩
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

い、岩が空に浮いてる……! ラ●ュタか? 詳細は不明です。

Templeの建物のどこかから登れるのかもしれませんが、建物の中で迷いそうなので探していません。周りにぐるぐるついているのは歩道です。Maar Ganにあったのとは桁違いの大きさであることが分かります。



再びの悪夢とCorprus Stalker

飲んだくれの夫Danarが行方不明
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

St. Olmsにて、飲んだくれの夫Danarが行方不明なのでunderworksを探してほしいと依頼を受けました。パンピーがUnderworksに降りている時点でもうこの世にはいらっしゃらない臭いがプンプンしますが、まあ行ってみましょう。


そういや人種差別主義者たちと戦ってから回復してなかったわと思ってunderworksの中で野宿をキメる私。すると……

Disturbing Dream 2
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

私は夢を見ていた。黄金のマスクの背の高い人物が挨拶をする。「この家にはあなたにお貸しできる部屋がたくさんあります。安心しなさい、私があなたを敵の手から救い出し、ここまで連れてきたのですから」どうやら私は死んでおり、蝋燭で彩られたテーブルの上に横たえられているようだった。しかし私が自らの手で自分の死体に触ると、私は息を吹き返し、目を開けて、テーブルから起き上がった。するとその部屋は私から遠ざかっていき、世界は光に包まれ、私は目覚めた。

Disturbing Dream 3
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

夢の中で、黄金のマスクの人物が話しかけてくるのに、言葉の意味を理解することができない。彼は楽しそうに笑っている。しかし彼に触れられたとき、私はとてつもない恐怖を覚えた。逃げ出そうとしたが体が動かず、叫ぼうとしても声が出ない。彼はにこやかに話しかけ続けている――だが私には分かった、彼が私に何かの呪文をかけようとしているのが。目が覚めたとき、私は夢がどのように終わったか、覚えていなかった。

うわぁ、出たよ、こないだ見た悪夢の続きみたいなの。しかも二連続で。

なんなのこの黄金のマスクの人物は。さらっと自宅にお持ち帰りしたり呪文をかけようとしたりってちょっとハードな乙女ゲーかこの野郎(違います)。だからどうして私にはろくなロマンスの相手が(略)。


気を取り直してDanarを探します。

Corprus Stalkerになった夫
Corprus Stalkerの持ち物
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

あっ(察し)

人間がCorprus Stalkerになっちゃうという話は前に聞いたけど、実際探し人がそうなっちゃったのを見ると虚しいものがありますねえ。



メメタァ

メメタァ?
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

latest rumors(最近の噂)を聞くとランダムで出てくる台詞。

「お前は気づいているか? みんな、夜もずっと起きて、街を歩き回っているぞ。商人はいつでも店を開けているぞ。おかしくないか? 眠れないか、眠りたくないみたいだ。もしかしたら眠っている間の何かが安眠を妨げるのかもしれない」

え、ごめん、スペック的にそういうもんだと思ってたw モロウウィンドにはスカイリムみたいにNPCのAIや生活リズムが実装されていないから、誰も彼も一日中同じ場所をうろうろしているだけなんですよ。

おそらくこれはメタ的なジョークであるとともに、モロウウィンドのスペック的な問題を人々が主人公と同じようにおかしな夢を見ているということにつなげてうまく昇華させているのだと思います。



眠れる者たちの隠れ家

St. Delyn眠れる者たちの隠れ家っぽいのがありました。

眠れる者たちの隠れ家
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

中には2人眠れる者がいて、1人は襲い掛かってきたから殺したけど、もう1人は好感度0でも会話ウインドウが出たので放置しました。

眠れる者たちの隠れ家2
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

ワーオ、禍々しい! でも祭壇っぽいところに置いてある素材は採っても怒られなかったし、寝床で寝ても何も言われないしで、結構居心地よかったです。

あと久しぶりにネギをしょったカモ、いえ、Dark Brotherhoodの暗殺者が来てくれました。やった、これでまたまとまった金が手に入る



Crassius Curioを訪ねて

Nelsのところで話題に出した、稀代のエロ本『アルゴニアンの侍女』の作者であり、男女関係なくキスを迫ると評判のCrassius Curio氏のご自宅を訪問しました。きっとまたNelsみたいな極端な二択が出てくるに違いないとワクワクしながら。

Crassius Curioを訪ねて
出典:The Elder Scrolls III: Morrowind

しかし……残念ながら、私は彼からキスを迫られることはありませんでした。「私のことはCrassiusおじさんと呼んでくれていいよ」とか「きみが私の名前を口にすると、まるで音楽のように聞こえるね」とかNels以上にすごい勢いで口説いてくるのに、肝心のキスの選択肢が出ない。

なぜだ、なぜなんだ!!(慟哭)

おそらくもっとメインクエストを進めるか、Personality(魅力)を上げるかしないと駄目なんでしょうね。ちなみに私のPersonalityは未だデフォルト値の40、対してLong Blade(長刀)は90くらい、完全なる脳筋です。ちくしょう、だから私にはろくな男が寄ってこないんだ!(違います)


こうして、私はネレヴァリンやAshlander、Templeについての知識と謎の敗北感をBalmoraに持ち帰ることになりました。





>>Steamで買う





これにてプレイ日記その7は終了です。最後までお読みくださりありがとうございました。

次の話はこちらの記事に書きました。








※この文章は、赤城みみる(Twitter ID i14wander、はてなブログID i14wander)により執筆され、赤城みみるの所有するブログ「星を匿す雲」(http://cqs4live.hateblo.jp/)(http://cqs4live.hateblo.jp/archive)に掲載されているものです。著作権法32条で定められた要件を満たさず行われる転載は、著作権法21条に違反します。




<< プレイ日記その8プレイ日記その6 >>