星を匿す雲

星を匿す雲

主にコンシューマゲーム、フリーゲーム、アニメ、歴史漫画、史跡巡りの感想を書きます。基本的にネタバレあり。

【感想】クラシカロイド第2シリーズ11話「塩しかねんだよ」:塩キャラメルがおいしい理由

全国1億3千万人のクラシカロイダーの皆様、こんにちは。赤城です。
クラシカロイド第2シリーズ(2期)11話の感想と12話の予想を書きました。

※他の第2・第1シリーズの感想はページ末尾の「関連記事一覧」からご覧いただけます。




♪11 塩しかねんだよ

全体を通しての感想

クラクラが塩対応を極めて、クールな女王様キャラになる話でした。

塩ってそっちの意味だったんですね。てっきり塩でも撒くのかと思って結構ノリノリで前回の記事に予想を書いたのがちょっと恥ずかしい(笑)。


さて、本編の感想に移ります。

ちょこちょこ笑えるところは多かったです。特に小バッハのくだりはとても面白いです。

しかし、共感される方は非常に少ないと思いますが、私はクラクラのソルクラへのキャラ変にモヤッとしました。その影響で感想もかなり淡白な感じになってしまいした。
まあ、先の話のあらすじを読む限りでは今の状態はあまり長続きしなそうなので安心してもいますが。

以下ではモヤッとした理由について語っています。完全に個人的な好みの話な上に結構長いです。
興味のない方は個別の感想へ飛んでください。


ソルクラに馴染めない3つの理由

第一に、俺様・女王様キャラは私にとってかなりの地雷です。不必要に行動を制限されるのもその光景を見るのも本当に無理なのです。誠に申し訳ありませんが、これは性分なので直しようがありません。
そのため、女王様キャラになったチャイバダに上から目線で命令されてコロッといってしまう音羽館の面々やファンたちを見ても「え? なんでこの人たちは嬉々として従ってるの?」と真顔になるばかりで、共感も笑いも全く起きず、話のノリについていけなくなりました。もちろん彼らが興奮する訳は理屈としては分かるんですが、どうにも実感がなさすぎて。

第二に、私は若い子が大人っぽい格好をしているのを見るのが苦手です。無理に背伸びさせられてる感じがするので。
無論あの格好は女王様感を演出するためのものでしょうが、私が女王様が地雷なのも相まって、全然似合っていないと思ってしまいました。

第三に、私はクラクラを非常に気に入っていました
舞台上では正統派アイドルらしくかわいく気さくに振舞っているのに、中身はヒゲオヤジと毒舌家、気のない相手には容赦のない塩対応で臨む、そのギャップが好きだったのです。
1期19話の、化けの皮が剥がれて喧嘩を始めるが却って人気上昇する展開からの、今回冒頭の漫才コンビへの転身も、2人の本性に近い自然な在り方に落ち着いたようでよかったと思っていました。
ですので、アイドルとしての根本的なスタンス(ちょっと本性が出るけど基本的に愛想が良い)を変えてほしくはありませんでした。まあ、人気獲得のためならやむをえないことなのでしょうけれども。

一言で言うと、おのれWATARU!!
以上で自分のモヤモヤの解説は終わりにします。お付き合いくださりありがとうございました。


以下、個別の場面の感想です。



アバン~Aパート:小バッハ、クラクラ改造に乗り出す

  • クラクラの漫才
    お母ちゃんのヅラが吹っ飛んだらお父ちゃんだった。いったいどういうことなの。
    ぶっ飛び具合がなかなか面白いです。


  • 三弦に電話がつながらない
    WATARUはあからさまにナメられてるようですねw
    やっぱり三弦さんはバッハPじゃないとやる気が出ないんじゃないでしょうか。


  • ドサ回りを結構楽しんでいる3人
    1期では「こんなことやっててなんの意味があるんだろう」と悩んでいる時期もあったけど、最近は楽しめようになったみたいです。
    私は、クラクラがなぜか普通のアイドルとは程遠い活動をしているところも、気乗りしなくても結構本気で打ち込んでるところも好きでした。


  • チャイコみんなに感謝だァ
    こんな白々しい台詞が出てくると、だいたいろくでもない展開が待っていることは容易に想像がつきます。


  • Pになった経緯を語るWATARU
    さらっと語ってるからもっともらしく聞こえるけど実は中身がハチャメチャなのがウケる。どんだけ紆余曲折してるんだこのアイドルユニット。
    てかそもそもこのモノローグは誰に向けて言ってるんですかWATARUさん(笑)。

    クラクラはアイドル活動の一環として漫才をやっているのではなく、完全に漫才コンビになったという理解でよいでしょうか?

    バッハがワーグナーをプロデューサーに任命したのには、ワーグナーの語っている通りではなく、何か別の思惑があったのではないかと思います。
    確かに、1期19話でバッハがクラクラの変わり方に戸惑っている描写はあったけど、「納得できない」という感じには見えませんでした。
    それに、2期6話ではWATARUUSBメモリを突き返していたのでさほど実力を認めているとも思えないんです。
    第一ショタだしね。児童労働だしね。


  • 小バッハアンダンテ!クレッシェンド!
    腹抱えて笑いました。なぜそれで行けると思った。
    アンダンテとクレッシェンドをひたすら繰り返してるの、意味も分からずテキトーに真似てるからだろw アンダンテ。アンダンテ!で逃げ去っていくのが最高。
    真剣にやってるつもりでもツッコミどころ満載になるワーグナー君、すごくいいと思います。その調子でボケまくってほしい。


  • ワーグナー大バッハのカツラとサングラスだけで言うことを聞いて
    言うこと聞いてくれたわけじゃなくて謎の不意打ちに反論できなかっただけだよ!


  • ワーグナーありがとう。ありがとう!
    ワーグナーもドボちゃんもすごくかわいいです。特にドボちゃんが手足をバタバタさせてるのがかわいい。
    やっぱりなんだかんだ言ってもショタと動物は癒しですね。


  • ワーグナーボクたちの夜明けはすぐそこだ!
    ドボちゃん、ちょっとうんざりした表情になってる。
    ドボちゃんの性格では、ワーグナーの計画にはあまり気乗りしなそうです。公式サイトの14話のあらすじでもワーグナーの行動に嫌気が差してしまうみたいなことが書いてありますし。


  • ワーグナーア・テンポ! ア・テンポ!
    調子に乗って使いまくるなww どうしてまだその格好なの、いつもの格好だと自信ないの?
    チャイコにばっさり斬られてブルブル震えててワロタ。


  • 注文の多いラーメン屋
    オヤジの喋り方が地味に好きです。ハママツ弁でしょうか。
    たまにありますよねこういう客に厳しい店。ラーメン●郎とか。


  • 音羽ロイドにも容赦のないチャイバダ
    いつものことだが表情も喋り方もアイドルらしからぬ険しさだ(褒めてます)。


  • ベトギョーザーがない。常識がないのか
    いやこのラーメン屋もなかなかだけどあなたもいつも相当アレですよ。


  • おじさんたちにキャンセルの話が通ってない
    うわ、それはマジないわ。多少の犠牲は仕方ないって、論点ズレてるんだよな。


  • バッハ様のためっす
    チャイコもバダもバッハ様のためと言ってアルバイトを頑張っていたし、バッハ様は愛されてますね。



Bパート:ソルクラ爆誕

  • ステージで演説するWATARU
    え!? なんでPが出しゃばってんの!? 自分の名前を売る気満々だな。


  • アルケー社内も小バッハ状態で歩くWATARU
    なんでやねん! 嫌ってるわりにめちゃくちゃの威を借りてやがる。


  • 夕飯の人数が変わって発狂するベト
    8個セットじゃないとダメなんですかそうですか。面倒臭いですね~。歌苗ちゃん苦労してるなあ。


  • チャイバダ、音羽ロイドに上から目線を連発
    モーツァルトに対する台詞の最後に是・非!が付くことの不自然さよw


  • 次々とギョーザーを差し出す音羽ロイド
    な、なんでー!?
    ショパン命令されるの結構好きそうだから分かりますよ。でも他の音羽ロイド、特にベトモツあたりがあっさり折れてるのが全く理解できません。


  • 浜塩店主客とオレと塩ラーメンが一体になる、それがこの店、ラーメン浜塩だ!
    なるほど、理屈は分かるが共感はできない。
    ラーメン浜塩だ!の大仰な集中線とエコーが面白いです。


  • ソルクラの命令に興奮する音羽ロイド+奏助
    う~ん、奏助とショパン以外の違和感が半端ない。まあ雰囲気に流されてるってこにしておこう。
    というか歌苗ちゃんも連れてってあげてよw


  • ソルクラの曲「ソルテソルティ」
    そうだね、塩飴も塩キャラメルも塩チョコも塩が入ってるから甘さが際立っておいしいんだよね。理屈は分かるが以下略。

    歌詞に革命の前夜祭へって入っていて、思いきりワーグナーの前座みたいになってます。私たちのクラクラをいいように利用しやがっておのれワーグナー


  • また出しゃばってくるWATARU
    新路線のお披露目のはずなのに本人たちよりも注目されちゃってるじゃないか。
    いや~、もうこれソルクラを押しのけてWATARUが歌手になるとかそういう展開なのでは。12話のワーグナーのムジークはシューベルトと同様本人が歌うみたいですし。チャイバダはなぜか14話のあらすじでアイドル活動無期限停止になってるし。



さて、ここで一旦CMに入ります(笑)。
ムジコレ4が絶賛発売中です!! 皆様、もう購入されましたか? まだの方は購入なさいませ、是・非。たった3000円でこのクオリティでこの曲数はとってもお得ですことよ。
そのうち感想を書こうと思っていますが、私は「出発進行!!伝説へ ~新世界から第4楽章より~」が一番好きです。

ムジコレ5の予約注文もできるようになりました。
ベートーヴェンの「Song for the moon」をやっと聴けるようになります。楽しみです。




12話「ワーグナーの野望」予想

毎度おなじみ、全然当たらないと評判の次回の展開を予想するコーナーです。興味のない方は後書きまで飛んでください

12話はあからさまにシリアス回っぽいですね。うーん……面白くなると嬉しいな!!!



公式の告知

  • 公式サイトのあらすじ

    クラクラの新路線「ソルティークラスキー」が注目を浴び、大成功を果たしたプロデューサーWATARU。しかしバッハは、アルケー社の重役たちを取り込もうとする、WATARUの性急な行動に疑問を持つ。そして、かつて八音候補には不適格とされた、二体のクラシカロイドの存在を知るが……。ついに、その正体を明かすワーグナー。歌苗や音羽館のクラシカロイドたちに明かされる、ワーグナーの野望とは?
    公式サイトあらすじ紹介:♪12 ワーグナーの野望

    ん? 「八音」思想ってバッハ様が創始者ですよね。それなのに八音の選定に自分は関与していなかったってこと? よく分からんなあ。


  • 予告映像
    • ステージでショルダーキーボードを弾いているWATARUとその後ろでもぞもぞしてるクロちゃんが、パッド君の画面に映っている
    • インキュベータの部屋に佇むバッハ
    • ぐったりした様子のドボちゃん
    • 音羽館の住人たちがパッド君を覗き込んでびっくりしている(リストさんはすごい顔してる)
    • メイド服?姿で黒塗りの車に乗っているチャイバダ
    • なんかシリアスそうなバッハとワーグナー
    • ワーグナー曰く、革命は気付かないうちに始まっているらしい

    今までの話の流れと12話以降のあらすじを読むとなんとなく大枠は掴めるので、予告映像もこういうふうに使われるんだろうな~ってだいたい想像つきますね。


  • ムジーク
    11話の感想にも書きましたが、本人が歌うのはシューベルトに続いて2人目です。何気に対抗意識を持ってるのでしょうか?
    6話では不発に終わり残念だったので、楽しみにしています。



展開予想

ソルクラの大ヒットにより勢いを得たワーグナーは、自らもシンガーソングライターとしてデビュー。また、アルケー社の他部門の活動についても次々と革新的な提案を行い、重役たちから一目置かれるようになる。
やがて定期的に開かれる重役会議にも出席することに。その場で、ワタルは持ち前の雄弁さとドボちゃんの存在感を武器に、寡黙で音楽用語しか喋らないバッハを隅に押しやり、重役たちに自分の存在を印象付ける。

バッハは6話にて、WATARUが自分たちクラシカロイドと似たような能力を持っていると知り、彼を見守るためにあえてクラクラのプロデューサーに据えたのだった。
しかし、WATARUが自分に向けてくる敵意や重役会議での執拗な妨害工作に疑問を持ち、彼の素性を調べる。すると、実はワーグナーとドヴォルザークもアルケー社でつくられたクラシカロイドであると判明する。


彼らは、バッハたち8人のインキュベータルームの隣に秘密裏に設けられた第二のインキュベータルームで生を享けたのである。

それはバッハがムジークを使ってアルケー社の重役を洗脳し始めた頃のこと。
音羽博士はバッハに内緒で9人目のクラシカロイド・ドヴォルザークと10人目のクラシカロイド・ワーグナーをつくり始める。博士としては「『八音』の他にももう少しいた方が楽しいでしょ」くらいのノリだったが、無意識に、バッハが「八音」を率いて暴走してもそれを止められるような力のあるクラシカロイドをつくろうとしていたのかもしれない。
三弦と、音羽博士の同期の丸メガネの研究員(以降、便宜的に丸男と呼ぶ)も、このプロジェクトに参加していた。
しかし、ついに博士もバッハに面と向かって「協力」するよう求められてしまい、ドボちゃんとワーグナーを含む残りのクラシカロイドの生育を完了させることなく、ベトとモツを連れてアルケー社から逃亡せざるをえなくなる。彼は丸男に「ドボちゃんとワーくんを立派なクラシカロイドに育ててくれ」と書き置きを残していく。

音羽博士が逃亡してから三弦が引き継いだ、第一のインキュベータルームの調整は難航した。
バッハは「八音」の残りの4人がなかなか目覚めないことに悩む。
丸男はそんなバッハの様子を小耳に挟む。そして、自分が秘密裏に担当している第二のインキュベータルームのクラシカロイドを、残り4人が目覚めるよりも先に「八音」候補としてバッハに献上しようと考える。実現すれば自分の地位も鰻登り。ゆくゆくは自作のクラシカロイドに反旗を翻させ、巨大企業アルケー社の実権を握ろうという思惑があった。

ドヴォルザークは十分に成熟した状態だったので、インキュベータから出た後、問題なくムジークを発動できた。しかし、丸男は焦りのあまり最終調整を終えていないワーグナーをもインキュベータから出してしまう。その結果、ワーグナーの能力は一時的に不安定な状態に陥り、丸男に命じられてもムジークを思うように発動できなかった。
丸男は自分のミスを棚に上げて失望し、ドボちゃんだけをバッハのもとへ連れて行こうとする。
ワーグナーはドボちゃんを守るために丸男とドボちゃんの間に割って入るが、自分を「出来損ない」呼ばわりする丸男に激怒。
体当たりを食らわせて隙を作り、ドボちゃんとともにアルケー社を脱出したのだった。

ワーグナーが数多の苦難を乗り越え、やっと日本に帰って来たと思ったら、一番復讐したいと考えていた丸男は既に行方知れず。自分を見捨てて逃げた(ようにしか見えない)音羽博士も、やはり足取りが掴めない。
それゆえに、ワーグナーは傷つけられた自尊心を歪な方法で癒そうとしていた。


とある日、自分の人気が頂点まで達したとみたワーグナーは、サングラスを外した状態で、全国に向けて衝撃のメッセージを発表する。
それは、全世界を自分の作り出した最高の音楽だけで満たすというものだった。これこそがワーグナーの野望なのである。
自らの類い希なる能力をもってすれば訳もないことのように思えた。他の8人のクラシカロイドという障害があること以外は。

このメッセージを聞いて憤慨した音羽ロイドたちは、歌苗と奏助を連れてアルケー社に突入し、ワーグナーと対峙する。
ひとつの音楽しか響かない世界は虚ろだ、と反論する音羽ロイドたち。激昂したワーグナーはムジーク「ワルキューレの騎行」を発動する。
過去のトラウマを思い出してまたムジークが途切れそうになった時、ワーグナーは自分を心配そうに見守る歌苗の姿に気づいた。そうだ、ボクには姉さんがついてる。

「ワルキューレの騎行」は無事に軌道に乗った。
ペガサスに乗ったワルキューレたちがどこからともなく現れ、歌苗以外の面々をしこたま蹴飛ばして去っていく。

歌苗に音羽館に帰ろうと誘われてワーグナーは一瞬迷うが、革命を成し遂げるまでは戻るわけにはいかないと思い直す。
「ボクは必ずこの世界を変える。待っててよ、姉さん」
ワーグナーは高笑いしながら立ち去る。
その場には、気絶した音羽館の住人たちと、悲しみに沈む歌苗だけが残された。


所感

な、長い。そしていつものことながらだいぶ無理がある。

ワーグナーの野望はぶっちゃけ予想がつかなくて、1期の三弦の野望と被らせました。
史実のワーグナーはめちゃくちゃ自信家で、「自分以上の天才はいない(ベートーヴェン以外は)」みたいなことを言ってたようなので(参考:リヒャルト・ワーグナー - Wikipedia)、暴走すればそういう考えに行き着くのではないかと思いました。唯一前世で実力を認めているベートーヴェンも、2話で少し印象を持ち直したとは言え未だにダメな大人扱いでしょうし。

ワーグナーの過去も全部捏造してみました。
違和感ありまくりですが、今までに出てきた情報を矛盾のない形で組み合わせることを考えると、自分にはこれくらいしか思いつきませんでした。
まー12話では過去のことにはそこまで突っ込まないと思いますが。この先のシリアス回のネタがなくなっちゃうから。

「ワルキューレの騎行」の効果は、原曲がブリュンヒルデ(主人公)以外のワルキューレが駆けてくる場面についてる音楽であるため(ワルキューレ (楽劇) - Wikipedia)、そこから連想しました。
今のままだとどうしようもなくショボいので、『ニーベルングの指環』の他の場面が出てきても面白いかなと思います。といってもこの状況に合ったものはなかなか思い浮かばないのですが。えーとヴァルハラが炎上するシーンとか……?





最後までお読みくださりありがとございました!
12話の感想は以下の記事に書きましたので、よろしければご覧ください。他の第2・第1シリーズの感想は「関連記事一覧」からご覧いただけます。









関連Webページ・商品

公式サイト



CD

第2シリーズ:


第1シリーズ:



MP3ダウンロード(TVサイズ)



本編

オンライン視聴
第2シリーズ: Amazonビデオ / dアニメストア / VideoMarket / バンダイチャンネル / ビデオパス
第1シリーズ: Amazonビデオ / Hulu / dTV / dアニメストア / VideoMarket / バンダイチャンネル / ビデオパス


Blu-ray
第1シリーズ:




※この文章は、赤城みみる(Twitter ID i14wander、はてなブログID i14wander)により執筆され、赤城みみるの所有するブログ「星を匿す雲」(http://cqs4live.hateblo.jp/)(http://cqs4live.hateblo.jp/archive)に掲載されているものです。著作権法32条で定められた要件を満たさず行われる転載は、著作権法21条に違反します。




<< 12話感想ムジコレ4感想 >>