星を匿す雲

星を匿す雲

主にコンシューマゲーム、フリーゲーム、アニメ、歴史漫画、史跡巡りの感想を書きます。基本的にネタバレあり。

【感想】クラシカロイド第2シリーズ15話「どすこい音羽部屋」:少年よ力士になれ

全国1億3千万人のクラシカロイダーの皆様、こんにちは。赤城です。

クラシカロイド第2シリーズ(2期)15話の感想と16話予想を書きました。

※他の第2・第1シリーズの感想はページ末尾の「関連記事一覧」からご覧いただけます。




♪15 どすこい音羽部屋

全体を通しての感想

私はこの瞬間を待っていた。クラシカロイドがカオス一色に染まる日を。
世界よ、これがクラシカロイドだ!

ということで、大変面白かったです。いよいよエンジンが温まったかな、という感じです。
思い返すと、1期も13話から急に狂気が増して、22話まではほぼ謎の疾走感のある素晴らしい話の連続でした。今期はここからが本番ですよたぶん。後の話のあらすじもやばそうなのばかりだし。


何を隠そう、私がクラシカロイドを好きなのは、今回のような疑問も理屈もかっ飛ばしてる展開が秀逸だからです。

そもそもいきなり相撲大会開くっておかしいでしょ。音羽部屋って何。なんでみんな普通に力士の訓練始めるの。パッド君はいつの間に親方になってんの。ワーグナーまでちょっと煽られたらやる気になったぞオイ。そのムジークそんな使い方ができるんだ。ってあっという間に力士体型になったあァァ!? モツとシューベルトは太りすぎだろォ!!

と、視聴者はひたすらツッコミを入れてるのに、登場人物たちは誰一人としてこの状態に疑問を差し挟まない。その結果、事態はさらに混迷を極めるわけです。
そしてこれ見よがしにベタな感動シーンを入れてきたりするけど、それも結局はギャグの一部でしかないわけで。実に愉快だ。


しかも今回は面白いだけじゃなくて、大相撲の勉強になるのも良いです。
私は今まで大相撲には1ミクロンも興味がありませんでした。最後に大相撲を観たのはか十数年前、テレビがまだブラウン管だった時代のことです。しかも、昨今は例の事件の影響でマイナスの印象さえ抱いていました。
しかし、さすがにこの記事を書くにあたっては色々と調べざるを得ませんでした。手形色紙とか懸賞とか力士の年収とかスー女とかね。
で、すげえ、結構面白いじゃん! って思いました。一度くらいは観に行った方がいいかなという気にさえなってきました。だって日本の伝統芸能のひとつですし、お相撲さんよく見るとかわいいですし。

何度も言ってるけどありがとうクラシカロイド。こんなに色々なものに興味を持てるようになったのもクラシカロイドのおかげです。
まあ本題であるはずのクラシックのお勉強要素はどこにもなかったけどねww


以下、個別の場面の感想です。



アバン~Aパート

  • 紙相撲で遊んでいるチャイコとバダ
    仲が良くて癒されますねえ。売れっ子アイドルを演じながら裏では結構えげつないチャイバダもいいけど、こうしてのんべんだらりと過ごしてるチャイバダも好きです。


  • 突然、ハママツ相撲大会の開催が決定される
    何が「というわけで」なのか全く分かりませんが、音羽館の男性陣が参戦するのはもう決定事項のようです。さすが日芽歌さん、押しが強い。


  • 豪華な優勝賞品
    梅干し500キロだと……!? じゅるり。
    ところでそんな大量の梅干しをよく軽々と持ち上げられるねバダ。


  • じゃと言って去っていく3人
    えらくきっぱりとテンポよく断っててワロタ。よく考えろ、米1トンだぞ。まあ家計のやりくりに頭を悩せたこともないニートどもには分からないかハッハッハ。


  • ワーグナー目と目が合った瞬間、か・く・め・い・さっ☆
    宇宙の果てまで殴り飛ばしたいウザさ。チャイバダがキレるのもごもっともです。


  • 女性ファンが入り待ちしてる
    すごい金切り声上げてる、ドルオタ怖い。か・く・め・い! アハッ☆じゃねえよシメるぞ


  • 相撲の映像にドン引きするワーグナー
    ですよねw さすがの歌苗姉さんにもアリではないと思うとツッコミを入れてしまうレベル。


  • 親方はパッド君、おかみさんは日芽歌さん
    いったい何が始まってるんだ。何アニメだこれは。パッド君に至っては喋り方まで親方っぽくなってるし。


  • 廻し一丁になったワーグナー
    チャイバダが積年の恨みを晴らせたとばかりにニタニタしてて、こちらとしても大いに溜飲が下がります


  • ドボちゃんは四足歩行だから相撲は無理
    いや親方、アンタ自分で四「足」歩行言うとるやんけ(笑)。先週の仲良し列車旅が嘘のような薄情さだ。
    でも、絶望の底に叩き落されるドボちゃんも林の中に走り去るドボちゃんもとてもかわいかったので結論としては親方グッジョブ


  • 舘山寺部屋の力士たちが登場
    国際色豊か! そしてワーグナーの地雷をしっかり踏んでいきました。そんなことされたらギャフンと言わせるしかないよね。ってかなんだこの流れ


  • ベトが「豊穣の夢」発動
    ここでムジーク!? しかもひたすら食べて寝て太っていくだけ? 「豊穣の夢」には食欲を増進させる効果があるの? もう意味が分からないお腹痛いw


  • 一瞬にして力士体型&大銀杏の髷になった6人どすこーい!
    クッソwwwちょっと待ってww何が起こってるのか誰か説明してww色々とおかしいwwww

    大草原を生成してしまい失礼しました。前回の記事で予想を書く時、大柄でもマッチョでもないクラシカロイドたちがどうやって相撲なんざ取るんだと思って非常に苦慮したのですが、なるほど体型を変えれば一挙に解決ですね。その発想はなかった。

    モーツァルトシューベルトは特に太ったなぁ。脂肪の付きやすい体質なのでしょう。逆にベートーヴェンは筋肉ダルマタイプっぽい。いいなあ、羨ましいなあ。



Bパート

  • みんなの四股名
    無分別幻想厨が私の中で大ヒット。どれもひどすぎるが的確である。


  • 練習風景
    もうこいつら誰なんだww 殊に一段とでかくなった無分別と鰐梨が原形を留めてなさすぎる。スラっとしたスタイルのモツと意外とガチムチなシューベルトはどこへ行った。

    ちなみに餃子道が色紙に手形を付けているシーンがありましたが、サイン色紙みたいなものらしいです。飾っておくと魔除けになるんだとか。超有名な力士のものでも安値で販売されていて驚きました。勉強になるわー。(参考:手形色紙 - 相撲銘品館


  • オルガンの裏に秘密の階段
    すごいな。本来なら「音羽館にこんな秘密が!?」ってドキドキワクワクする要素のはずなのに、話が話だからロマンもへったくれもない!


  • 幻想厨、行司さんになる
    ショパンは和装と縁がありますよね。よく似合ってるなあ。


  • 親方こいつはもうアイドルじゃない、相撲取りだ!
    唐突な路線転換。いつから大相撲スポ根アニメになったの!?


  • ポンコツ富士と歌苗の青春っぽい場面
    奏助だった時の記憶を完全に失ってるよこの人。歌苗ちゃんはいったい何役なの。ねえなんなのこの無理矢理ねじ込まれた感(?)要素。腹がよじれるんだけど。


  • みんなで湯船につかるとお湯が溢れる
    やめてーw 私の腹筋のライフはゼロよww


  • 力士一同ごっつぁんです!
    数名、何言ってんだか全く聞き取れない……! 喋り方変わりすぎィ!


  • 「乗鉄」誕生
    勝戦前にまさかの選手交代ポンコツ富士カワイソスww
    ドボちゃんは乗り鉄だったのね。まあドボちゃんの時代には撮り鉄はまだいなそうだしな。


  • 舘山寺部屋の力士たちの四股名
    各国の名物をもっともらしく和名にしてるだけ。クラシカロイドのこういう適度にテキトーなところ、ホント好きです。


  • 音羽部屋(ボン出身) 餃子道
    そうだった、相撲も取組前に出身地を表示するんだった、シュールすぎる

    本来、外国人力士は国名を表示するらしいです。そうすると餃子道の場合は神聖ローマ帝国になるのでしょか。ふむ、なおのこと面白いじゃないか。ここも忠実に再現してほしかったところですが、国名にはデリケートな面があるのでわざと都市名にしているのかもしれませんね。
    ちなみに他の音羽部屋の力士・行司の出身地は以下の通り。圧巻です。


  • 乗鉄が頭突きで相手を吹っ飛ばして大勝利
    爆笑しました。てかこれルール的にアリなの!? 禁じ手じゃないの!?


  • 革命に懸賞が懸けられる
    懸賞ってなんだ? と思って調べてみました。

    大相撲の幕内取組において、好きな取組や応援している力士の取組に懸ける賞金のことだそうです。賞金はその取組で勝利した力士に授与されます。
    懸賞を懸けておくと、下記のような方法で提供者名を宣伝してもらえるようです。フィギュアスケートなどで観客席の下にスポンサーのロゴが入ってるのと同じようなものでしょうかね。

    • 取組表に懸賞の提供者名(今回で言うと革命を支持する会)が印刷される
    • 取組直前に場内放送で提供者名が読み上げられる
    • 仕切(準備運動みたいな時間)中に土俵の周りを懸賞旗が回る
    (参考:懸賞について - 日本相撲協会公式サイト懸賞 (相撲) - Wikipedia

    今回は最後の懸賞旗が忠実に再現されていました。こんな細かいところまで描写するなんて気合の入り方が尋常じゃないですよ。明らかに大相撲をダイマしに来てますよ。ところどころ解説ついてるしね。
    いったいアニメ界の何を目指しているんだクラシカロイドは。大好き。


  • 革命の回想シーン
    出だしがお尻をモゾモゾしてる場面なのと、ポンコツ富士の存在がほぼ抹消されてるのがウケる。


  • 海月の泣き方がすごい
    しめしめ、すっかりワグ海が確立されているぞ。


  • 革命と音羽部屋の力士たちが熱い友情に目覚める
    いや~、謎のいい話感に溢れてますね~。八音たちに一泡吹かせてやるという12話時点での目標はどこへすっ飛んでいったんだワー君w そしてポンコツ士はやはり肝心の場面でワー君の頭に隠れて見切れているww
    ごまかされるなよ、これはいい話じゃなくて変な話だ。


  • 秘密の部屋を破壊するハッシー
    完璧なオチです。1期17話以来の不穏な表情を見せましたね。




次回予想の前に宣伝です。

ムジコレ4が絶賛発売中です!!

ムジコレ5の予約注文はお済みでしょうか? ベトの「Song for the moon」が入っているので、買いましょう。ぜひ。

宣伝は以上です!




16話「未知との再会」予想

公式のちょっと電波な告知と私の浅はかな思いつきで構成された次回予想のコーナーへようこそ。

このコーナー、毎回すさまじく長いので、興味のない方は他の第2・第1シリーズの感想でもいかがでしょうか。後書きにリンクを付けています



公式の告知

  • 公式サイトのあらすじ

    市民交響楽団のコンサートを見に来ていたベトと奏助。演奏が終了すると、突如会場が爆発してしまう。無事に音羽館に戻ってきたふたりであったが、ベトはそれ以来、ボーっとしたり、ブツブツ呟いたり、人のマネをしたりといつもの様子とどこか違う。ベトを敬愛するシューベルトは、“赤ちゃん返り”をしてしまったと考え、モツの妨害を受けながらもベトを育て直すことに!はたしてベトの身に何が起こったのか…!?
    公式サイトあらすじ紹介:♪16 未知との再会

    いきなり爆発とか、ハリウッドみたいな展開になってる。
    育て直す」って何。シューベルトの邪な思惑を感じる。


  • 予告映像
    • ベトがカタコトで喋っている。ソラにオウチがあるらしい
    • モツの口をむぎゅーってやってるシューベルト
    • おかしくなっちゃった先輩に縋ってシューベルトが泣いている
    • パンツ一丁で空に向かってムジークを放つベートーヴェン

    ベートーヴェンのナレーションがシリアスっぽい雰囲気を醸し出してるけど騙されないぞ。ここからはほぼろくでもないことしか待ってないって分かってるんだからな。
    てかクラシカロイドがギャグ回じゃないと満足できない体になってるから、そうじゃないなら責任取ってくれ(暴論)。


  • 公式Twitter
    第九のコンサートで、タイトルが「未知との再会」。じゃあもう考えられるのはアレしかないですね。



展開予想

奏助は、雑誌の懸賞でたまたま当たった第九のコンサートのペアチケットを渡す女の子を探していた。しかし音羽館で自慢したのが運の尽き、ベトと一緒に行くことになってしまう。

当日、奏助がグースカいびきをかいて眠っている横で、ベトは演奏に大いに聴き入っていた。全ての演奏が終わってベトが拍手を始めた直後、突然頭上で大爆発が起きる。分厚いコンクリートの天井が観客に向かって落ちてくる!
奏助は悲鳴と怒号の嵐の中で目を覚ます。いつの間にか会場の外に運び出されていたようだ。隣ではベトが茫然と突っ立っている。とりあえずパッド君と一緒に炎上するコンサート会場の写真を撮影しまくり、SNSにアップし終えると、奏助はベトを連れて音羽館に戻ることにした。


コンサートの一件以来、ベトは様子がおかしくなっていた。
暇さえあれば屋根の上に登り、空を見つめている。あんなに好きだったギョーザーを焼くことも、コーヒーを淹れることもない。歌苗の言うことをなんでも聞いて、買い物のお手伝いはするしお風呂にも毎日ちゃんと入る。まるで童心に戻ったかのようだ。

歌苗はじめ、音羽館の住人たちがその変化を呑気に喜んでいる中、シューベルトだけは納得ができない。
先輩がこのような軟弱なお姿になってしまわれたとは、実に嘆かわしい。きっと事故のショックで赤ちゃん返りしてしまったに違いない。
そうだ、私が先輩を育て直そう。私こそ先輩の父となり、母となる男。フランツ・ペーター・シューベルトだ!
シューベルトの先輩育成計画の幕開けである。


シューベルトは頑張った。特製のギョーザーでベトを餌付けし、いないないばあやお馬さんごっこに興じ、ベトの作曲したクラシックを山ほど聴かせた。
ベトは、シューベルトに懐いた様子は見せるものの、一向に「理想の先輩」に戻る気配を見せなかった。だがシューベルトは徐々に今の状態に大いなる喜びを見出しつつあった。ああ! あの先輩が! 私に対していつも微妙に冷たかった先輩が! こんなに純粋に私を愛してくださるなんて!!
音羽館の住人たちは悦に入るシューベルトの様子を不気味そうに眺め、「あいつらはもうほっとこう」と言い合った。


ある日、シューベルトはベトの手を引いて公園に出かけた。そこで例によって凧に足を取られ、ベトともども空の旅へ出発してしまう。
シューベルトがギャーギャー叫びまくっている一方、ベトは妙に嬉しそうだ。「おそらが近い、おうちが近い」などとメルヘンなことを言っている。だが同時に、少し寂しそうな表情も見せるのだった。

なんとか音羽館に帰り着いたその夜。ベトが屋根の上に登りたがるのでシューベルトもついていく。
ベトはムジーク「Song for the moon」を発動した。ムジークの清廉な光が地球の大気を貫いて月まで届く。その直後、とてつもなく巨大な何かが音羽館の上空に出現した。
それは、以前世間を騒がしたあの宇宙船であった。

宇宙船から1人の宇宙人が降りてくる。丸っこい体つきだがとても大きく、縦幅も横幅もシューベルトの3倍ほどはある。
彼(彼女?)は、尊大な態度でシューベルトたちに歩み寄ってきたかと思うと、いきなりベトに頭突きを食らわした。
泡を吹いて倒れるベト。とっさに「Life is beautiful」で宇宙人を捕まえようとするシューベルト。ヤーマンの足が音羽館の屋根を踏み抜き、住人たちは大混乱に陥る。
宇宙人はシューベルトの手をするりとくぐり抜け、宇宙船に吸い込まれていく。なぜかニコニコ笑って手を振っているようにシューベルトには見えた。


シューベルトに膝枕された状態で目を覚ましたベト。
「先輩、だいじょうぶでちゅか? バブバブ~」などと至近距離から赤ちゃん言葉で話しかけてくるシューベルトを思いっきり殴る
「ふざけるな! なんだこれは!?」と狼狽するベトを見て、シューベルトは目を丸くする。「元に戻ったんですね、先輩!」

ベトの説明によると、あの日のコンサートは例の宇宙人たちも聴きにきていたらしい。どうやら1期25話以来、宇宙人たちの間で地球旅行がブームになっているようだ。
あの日も彼らは会場の真上で宇宙船にステルスをかけて盗聴していたが、宇宙船の内部で爆発事故が起こり、船が落下。コンサート会場が崩壊するのと同時に、宇宙船の船底に穴が開き、宇宙人の幼児が1人、船外に投げ出された。幼児はなんやかんやあってベトと頭をごっつんし、その拍子に中身が入れ替わってしまった
宇宙人たちはそんなこととはつゆ知らず、ベトの精神の入った幼児を宇宙船へ引き上げた。それから会場の人間たちを屋外へ避難させ、記憶を抹消した後で帰路についた。そして、途中でベトと幼児が入れ替わっていることに気づき、引き返してきたのだ。
幼児に宿ったベトとは意思疎通の手段がなく、どうやって入れ替わった人間を捜そうかと月で待機して悩んでいたところ、「Song for the moon」が届いたらしい。


シューベルトは遠い宇宙(そら)の彼方へ去ってしまったもう一人の「ベト」を想った。彼(彼女)にも先輩のような偉大な音楽家になってほしい。そのうえできればこの私、シューベルトのことも、地球における父母として覚えていてほしい。


解説

クラシカロイドでベートーヴェンの第九といえば宇宙人。「未知との~」といえば宇宙人(元ネタはたぶん『未知との遭遇』)。ならば答えは一つしかない。あの時の宇宙人だ!! という思い込みのもと書きました。

なお、宇宙人が偵察のためにベトの体を乗っ取ってるとか、変身して成り代わってるとかいうのも考えましたが、それにしては言動が幼くないか? と思いまして。事故で「私たち、入れ替わってる!?」が起きたことにしました。
オチは思いつかなくてめっちゃテキトーにまとめちゃいましたマジですみません。

ところで、シューベルトの先輩育成計画に夢中になりすぎて新しいムジークの活躍の場を見出せませんでしたが、次は出ますよね、新しいムジーク。公式は何も言ってないけどきっと出ると信じてますから! 予告で喋ってるのが赤ちゃん返りしたベートーヴェンだからだいぶ不安だけど!





最後までお読みくださりありがとございました!

16話の感想は以下の記事に書きました。
遅ればせながらムジコレ4の感想も書きました。

他の第2・第1シリーズの感想は「関連記事一覧」からご覧いただけます。









関連Webページ・商品

公式サイト



CD

第2シリーズ:


第1シリーズ:



MP3ダウンロード(TVサイズ)



本編

オンライン視聴
第2シリーズ: Amazonビデオ / dアニメストア / VideoMarket / バンダイチャンネル / ビデオパス
第1シリーズ: Amazonビデオ / Hulu / dTV / dアニメストア / VideoMarket / バンダイチャンネル / ビデオパス


Blu-ray
第1シリーズ:




※この文章は、赤城みみる(Twitter ID i14wander、はてなブログID i14wander)により執筆され、赤城みみるの所有するブログ「星を匿す雲」(http://cqs4live.hateblo.jp/)(http://cqs4live.hateblo.jp/archive)に掲載されているものです。著作権法32条で定められた要件を満たさず行われる転載は、著作権法21条に違反します。




<< 16話感想14話感想 >>